【危険信号】一日1000キロカロリーしか食べてないのに痩せないわけ

  • カロリー制限をしてるのに痩せない
  • 体重が減っても体脂肪が減らない
  • カロリー制限しなくても痩せるのか知りたい!

ダイエットのやり方として根強い人気のカロリー制限。中には一日トータルで1000キロカロリーを下回る設定で食事をしている人もいます。しかし、中には一日1000キロカロリーしか食べてないのに痩せない人もいます。

この記事ではどういう人がカロリー制限をしても痩せないのかを徹底解説します。低カロリー食をやってはいけない人の理由がわかるので間違ったダイエットをする必要がなくなります。

一日1000キロカロリーにすれば痩せる?

カロリー制限は昔から根強く人気の方法です。カロリー制限の仕組みは「消費カロリー」よりも「摂取カロリー」を小さくすることで脂肪が燃焼される、という理論。

食べ物の摂取カロリーを計算することで一日どのくらいの量を食べていいのかを明確にできるのがこの方法のメリットです。

私は男性ですが一日1300キロカロリー程度のカロリー制限を行ったことがあります。実際、体重はみるみる減っていき3ヶ月で−6キロ程度落とすことができました。

「体重を減らす」という意味では王道のダイエット方法だと言われているのも実体験でわかりました。

女性の場合、一日1000キロカロリー以下にカロリーの上限を設定することで痩せたと言っている記事やSNS投稿もよく見かけるようになりました。スピード感のある方法から真似する人が出てくるのも納得です。

一日1000キロカロリー以下のカロリー制限はおすすめしない

しかし、私は一日1000キロカロリー以下のカロリー制限はオススメしていません。なぜなら、「体をつくる」という食事の本来の意味を完全に無視したダイエット法だからです。

カロリー制限の意図は低カロリーにすることで、エネルギー消費を脂質代謝に切り替えさせて脂肪燃焼を促すこと。しかし、栄養学・生化学を勉強すれば人間の代謝がそんな単純なものではないことに気が付きます。

脂肪燃焼の要・ミトコンドリアが機能しない

脂肪燃焼をするにも中性脂肪を分解したあと、「ミトコンドリア内」で処理して初めて脂肪が燃焼できたことになります。中性脂肪が分解され血中を漂っているだけでは脂肪は燃えていません。

そして、「ミトコンドリア」を機能させるには「栄養」と「酸素」が必ず必要なのです。つまり栄養不足を慢性的に引き起こす過度なカロリー制限では「体脂肪燃焼」はいつか頭打ちになります。

実際、一日1000キロカロリー以下のカロリー制限をして、最初は順調だったがだんだんと痩せなくなったという失敗談も多いです。

いや、それでも体重は減っている!と思われる人はいますが血液検査の数値を確認するとAST、ALT(肝臓の数値)に開きが出てしまい「隠れ脂肪肝」になってしまっているケースもあります。

「脂肪肝」になってしまっているということは体脂肪はスムーズに代謝されてない、という証拠です。こういうダイエットを続けていると肝臓の機能も低下してしまいさらに痩せない体になってしまう可能性があります。

極端なカロリー制限では「貧血」を引き起こす

極端なカロリー制限をしているとたんぱく質・鉄・ビタミン・ミネラル不足から「貧血」が助長される可能性が高いです。閉経前の女性であれば生理の度に平均して月30mg鉄を失うと言われています。

さらに毎日1mgの鉄は排泄されているので、失った分の補充は必須です。しかし、カロリー制限がある状態で他の栄養素のことも考えながら「鉄・たんぱく質・ビタミンB12・葉酸・亜鉛」などの血液に関係する栄養素を充足させることは至難の技になります。

こららの栄養素が足りなければ貧血や鉄欠乏は助長され、体脂肪が減らない体になってしまいます。

極端なカロリー制限は過食の引き金になる

私の実体験として極端なカロリー制限後に過食(摂食障害)になっています。栄養素を極端に遮断することで体がエネルギー不足を過度に感じるようになってしまいました。

慢性的な栄養不足から「消化・吸収能力」も低下。栄養がうまく取り込めない体になることで過食がさらにひどくなってしまいました。

当時の私は「胃腸の健康の重要性」に気がつくことができず、暴走する食欲を抑えるために低カロリー食品を活用したり、太ると言われていた糖質を制限したり間違ったことばかりをやった結果、4年もの間、摂食障害で悩むことになります。

きっかけは「エネルギー不足」からです。過度なカロリー制限は痩せないどころか健康が壊れていくため本気でおすすめしません。

一日1000キロカロリー以下にしなくても体脂肪は燃やせる

一日1000キロカロリー以下にしたいと思っている人は結果を急いでいます。通常のおすすめされる健康的ダイエットではスピード感がないため「一日1000キロカロリー以下」にするような極端なダイエットに走ってしまうのではないでしょうか。

「健康的なダイエット」がスピード感がないと思い込んでいます。しかし、健康的なダイエットで代謝を回しながらおこなうダイエットこそが実はちゃんと体脂肪が燃えてくれます。

ダイエットの基本は「代謝を回すこと」です。過度なカロリー制限は「代謝が回らなくする」ので逆行していることに気がつく必要があります。

それがわかると変なカロリー制限をする必要がないことに気が付きますし、お菓子を過食してしまうなどのリスクを大幅に減らすことができます。