【危険信号】一日1000キロカロリーしか食べてないのに痩せないわけ

  • カロリー制限をしてるのに痩せない
  • 体重が減っても体脂肪が減らない
  • カロリー制限しなくても痩せるのか知りたい!

ダイエットのやり方として根強い人気のカロリー制限。一日トータルで1000キロカロリーを下回る設定で食事をしている人も…

しかし、中には一日1000キロカロリーも食べてないのに痩せない人もいるんですよね。

これは代謝が落ちてしまっているサインです。

結論、1日1000キロカロリー以下の設定で食事することは過剰なダイエット法になります。

こんな方法を使わずとも王道の管理方法で体脂肪は落とせるのでそちらにシフトするべきだと私は考えます。

と、いいつつ私も過剰なカロリー制限で体調を崩してしまった一人です…過去の私も正しい選択はできてないですが、一人でも同じような人を出さないために発信しています。

この記事では

  • どういう人がカロリー制限をしても痩せないのか
  • なぜ低カロリー食が過食を悪化させることにつながるのか

この2つを徹底解説します。

1日1000キロカロリー以下に抑えるような間違った間違ったカロリー制限は過食を引き起こす原因にもなるので、しっかり正しい理論をお伝えします。

一日1000キロカロリーにすれば痩せる?

一日1000キロカロリー以下のカロリー制限
カロリー制限とは
昔から根強く人気のダイエット方法です。カロリー制限の仕組みは「消費カロリー」よりも「摂取カロリー」を小さくすることで脂肪が燃焼される、という理論。

一日どのくらいの量を食べていいのかを明確にできるのがこの方法のメリットですね。

私は男性ですが一日1300キロカロリー程度に抑えるカロリー制限を行ったことがあります。実際、体重はみるみる減っていき3ヶ月で−6キロ程度落とすことができました。

「体重を減らす」という意味では効果のある方法だと実体験でわかりました。

一日1000キロカロリー以下のカロリー制限はおすすめしない

しかし、私は一日1000キロカロリー以下のカロリー制限はオススメしていません。なぜなら、「体をつくる」という食事の本来の意味を完全に無視したダイエット法だからです。

カロリー制限の狙いは低カロリーにすることで自分に蓄えられた脂肪を使わせること。

確かに適度なカロリー制限により中性脂肪の分解が促進されることは大いに考えられます。

なのでカロリー制限初動はちゃんと体重が落ちるケースが多い…

しかし、極端なカロリー制限でずっと同じペースで中性脂肪が分解され続けるのか。

答えはNoです。

基礎代謝内にカロリーを抑えているから体脂肪が使われるわけではない

一日1000キロカロリー以下では痩せなくなる理由

そもそも脂肪燃焼はどこでするのか?

脂肪は遊離脂肪酸となって筋肉で処理されます。

では、中性脂肪を遊離脂肪酸に分解するにはどうしたらいいのか?

アドレナリンホルモンが鍵。

副腎からアドレナリンがしっかり分泌される必要があります。

ですが、副腎も栄養がなければ弱ります。

さらにホルモンの材料は脂質。

過度なカロリー制限で脂質が不足すればアドレナリンが作れません。

さらに中性脂肪を分解するにも「エネルギー(ATP)」がいります。

ただでは分解できません。

ですが、一日1000キロカロリー以下の設定だと完全にエネルギー不足。

脂肪を分解するときにも必要な通貨(ATP)が払えません。

結果、カロリーを大幅に削っても途中から体重はピクりともしなくなります。

過度なカロリー制限で起こっていることはこれ👇

  • エネルギー不足の進行
  • 脱水による減量

 

 

体脂肪が燃えない状態を自分自身で進めてしまっているのです…

実際、一日1000キロカロリー以下のカロリー制限をして、最初は順調だったがだんだんと痩せなくなったという失敗談も多いです。

一日1000キロカロリー以下の設定では脂肪肝が進行する…

いや、それでも体重は減っている!と言われる人もいますが、その時確認したいのが血液検査の数値

特にAST・ALTの数値。

栄養療法の見方でAST、ALT(肝臓の数値)から脂肪肝を推察することができるんですよ。

過度な低カロリーにした人は体重が減っていたとしてもAST.ALTの数値に開きが出て「隠れ脂肪肝」に…って人も多い…

「脂肪肝」になってしまっているということは体脂肪はスムーズに代謝されてない、という証拠です。

  • 数値だけ変動して中身は何も変わってない
  • 逆に肝臓周りに脂肪がついてしまっている

脂肪肝は辛い…

その後も代謝を悪化して足を引っ張ります。

こういうダイエットを続けていると肝臓の機能も低下してしまいさらに痩せない体になってしまう可能性があります。

このことを知らずにカロリー制限をしばらく続けた私…
確かに6キロ痩せたのにそんなに実感できるほど細くならなかった…

極端なカロリー制限では「貧血」を引き起こす

貧血=酸欠

女性の場合、一日1000キロカロリー以下の設定では貧血を引き起こす危険も…

極端なカロリー制限をしていると血液を作る時に必要な栄養素がどうしても不足します。

  • たんぱく質
  • ビタミン12
  • 亜鉛
  • 葉酸
  • 等… 

閉経前の女性であれば生理の度に平均して月30mg鉄を失うと言われていますよね。

さらに男女ともに毎日1mgの鉄は排泄されているので、失った分の鉄の補充は必須

しかし、カロリー制限している状態で他の栄養素のことも考えながら「鉄・たんぱく質・ビタミンB12・葉酸・亜鉛」などの血液に関係する栄養素を充足させることは至難の技になります。

貧血があると何がまずいのか?

体脂肪が燃えなくなります。

さらには様々な体調不良・やる気の低下・抑鬱状態…など全身に影響を及ぼします…

数キロ痩せたいがためにやるダイエットにしてはリスクが大きすぎますよね…
体調不調が続ている20代後半-30代以降の方には深く共感してもらえるかと思います。

貧血については別記事でも詳しくまとめています。
»お菓子をドカ食いしてしまう意外な理由と3つの対処法【貧血・鉄欠乏】

極端なカロリー制限は過食の引き金になる

私の実体験として極端なカロリー制限後に過食(摂食障害)になっています。栄養素を極端に遮断することで体がエネルギー不足を過度に感じるようになってしまいました。

慢性的な栄養不足から「消化・吸収能力」も低下。栄養がうまく取り込めない体になることで過食がさらにひどくなってしまいました。

あわせて読みたい関連記事👉「【専門家しか知らない】お菓子の過食をやめるには胃腸の健康が最重要」

当時の私は「胃腸の健康の重要性」に気がつくことができず、暴走する食欲を抑えるために低カロリー食品を活用したり、太ると言われていた糖質を制限したり間違ったことばかりをやった結果、4年もの間摂食障害で悩むことになります。

きっかけは「エネルギー不足」からです。過度なカロリー制限は痩せないどころか健康が壊れていくため本気でおすすめしません。

一日1000キロカロリー以下にしなくても体脂肪は燃やせる

一日1000キロカロリー以下にしたいと思っている人は結果を急いでいます。

通常のおすすめされる健康的ダイエットではスピード感がないため「一日1000キロカロリー以下」にするような極端なダイエットに走ってしまうのではないでしょうか。

しかし、健康的なダイエットで代謝を回しながらおこなうダイエットこそが実はちゃんと体脂肪が燃えてくれます。

体脂肪を燃やす食事とは?

私が人に指導するときに意識している食事指導のポイントはこちら。

  • 血糖値を上げ過ぎない
  • 低血糖予防に力を入れる
  • 胃腸の健康を高める食事をさせる
  • たんぱく質の摂り方

 

脂肪燃焼を適度におこなうためにはこの4つは超重要。

この4つをクリアしながら食事管理をするとスムーズに体脂肪が落ちてくれます。

一日1000キロカロリーを下回るダイエット法はこの真逆をいってますね…

一日1000キロカロリー以下のカロリー設定
  • 栄養不足で低血糖を予防できない
  • たんぱく質・脂質不足で胃腸や臓器の健康が崩壊
  • たんぱく質の吸収の仕方は無視…

やはり過度にやりすぎると脂肪肝まっしぐらの食事法です。

ダイエットの基本は「代謝を回すこと」です。過度なカロリー制限は「代謝が回らなくする」ので逆行していることに気がつく必要があります。

体脂肪を燃やすなら…

  1. 血糖値コントロール
  2. 胃腸のケア

まずここを考えるようにすることがオススメ。

その後

  1. たんぱく質の摂り方

を意識していくと無理することなく体脂肪を効率よく燃やせますよ。

あわせて読みたい関連記事👉【お菓子の食べ過ぎ】やめたい人が取り組むたんぱく質戦略

一日1000キロカロリー以下の食事は今すぐやめよう

いかがだったでしょうか。

カロリー制限して減っている大部分は「脱水」による体重変動です。

でもダイエットとは「体脂肪」を燃やすこと。

数値に振り回されて目的を見失うことのないように気を付けたいですね。

私も数値に振り回された一人なので同じ苦しみを味わう人が一人でも減るといいなぁ…

すでにカロリー制限をしていてだんだんと過食が癖になっている…という人は一刻も早く対処しましょう。
改善のやり方はこちらの記事にすべてまとめています。

元過食男が教えるお菓子をやめる方法

【永久保存版】お菓子をやめる方法を元過食症の男がガチ解説