お菓子ばかり食べすぎるとどうなる?【お菓子が体にもたらす7つの影響】

  • お菓子を食べ過ぎるとどうなるのか知りたい!
  • お菓子を食べ過ぎてしまうのがやめられない…
  • どんな病気になるのか怖い…

お菓子の食べ過ぎはデメリットが多いです。病気のリスクや過剰に太ってしまう・慢性疲労の原因など体調面に大きく左右します。しかし、お菓子を食べ過ぎるリスクはわかっている反面、どうしてもやめられなくなってしまっている人も多いです。

この記事では元摂食障害で4年試行錯誤した私がお菓子を食べ過ぎるとどうなってしまうのか?を実体験を交えて解説します。また、どうすればお菓子の食べ過ぎ防ぐコツや食べすぎたときに対処法まで掘り下げてお伝えします。

お菓子を食べ過ぎると起こる7のこと

お菓子の食べ過ぎで太る・体脂肪が増える

お菓子の中でも油を使用したクッキーやポテトチップス・チョコレート・アイスは体脂肪を増大させます。体脂肪は1食あたり30gを超えると体脂肪蓄積のリスクが一気に高まります。

お菓子の中でも某メーカーのクッキーを1回で食べきってしまった場合、脂質摂取量は30gを超えます。有名なアイスも1個で脂質量は○g。これだけで済めば体脂肪蓄積のリスクも小さいですが、いつくかのお菓子を同時に食べてしまった場合、あっという間に30gを超えます。

アイスや清涼飲料水はぶどう果糖液糖も含まれているため、高血糖になるリスクもあります。質の悪い悪い糖質と脂質が組み合わせたお菓子を食べすぎてしまうとやはり太りやすくなると言えます。

常に疲れを感じる・疲れやすくなる

お菓子を食べ過ぎると高糖質の摂取により食後高血糖を招きます。血糖値が上がりすぎると膵臓からインシュリンが大量に分泌され血糖を抑制しますが、高血糖時のインシュリン分泌は過剰なため、今後は低血糖になってしまいます。

血糖値がグラグラ安定しないと常に血糖値を安定させるために体内ではホルモンが総動員されます。しかし、さらなる過食やお菓子の食べすぎが続くとホルモン製造工場である副腎が疲弊してしまいます。

副腎の疲労は「副腎疲労」と呼ばれるくらい様々な不調を体に与えます。疲れやすくなったり、やる気が常に減少してしまう症状が表れます。

一日を通して眠たい時間が多くなる

お菓子を食べ過ぎると機能性低血糖を引き起こしやすくなりますが、血糖値の急激な変動は強烈な睡魔を引き起こします。お菓子の食べ過ぎると日常的に血糖値が安定しにくい状態になってしまうので、日中に強い眠気を感じる原因になります。

また前述した通り、副腎疲労も同時に起こってくるとベッドから起き上がれないくらいぐったりしてしまうときもあります。私も過食を繰り返したときは常に気だるさに悩まされていました。そのクセ夜の時間帯は疲れているのに寝れない…など自律神経も乱れも起こっていたことが考えられます。

お菓子の食べすぎによる疾患のリスクるが高まる

お菓子を食べ過ぎれば当然疾患のリスクが高まります。

肌荒れがすごい

お菓子を食べ過ぎると高確率で肌が荒れます。質の悪い糖質と脂質を大量摂取してしまえばすぐに肌に影響が出ます。特に高脂肪食であるポテトチップスやクッキー、アイスなどのお菓子を食べ過ぎれば脂質過剰症で肌が荒れてしまいます。

個人的にはニキビだけでなく、白い脂が溜まったものが体の数カ所にできてました。治りも遅く未だに黒ずんでいるところもあります。

たんぱく質やビタミン・ミネラルが欠乏する

お菓子は高糖質・高脂質がたっぷりです。体を構成する上で重要なたんぱく質やビタミン・ミネラルは不足しています。お菓子を食べ過ぎると重要な栄養素の欠乏が激しくなります。慢性的な栄養の不足は弱い体しか作れなくなってしまうので早期の改善が必要です。

お菓子の食べ過ぎはどこから?

食べ過ぎはどこから?と疑問を持つ人もいらっしゃいますが、小袋のお菓子量程度であれば食べ過ぎには入りません。しかし、もし少ない量であっても「毎日」食べているのであればお菓子中毒になってしまっている可能性があります。

量も大切ですが、重要なのは頻度です。仮に一袋何かお菓子を食べたとしても週1回なら許容範囲。リカバリーがいくらでも効きます。しかし少ない量であっても頻度が多いのであれば機能性低血糖や慢性的な栄養不足の原因になります。

お菓子が大好きな人にとって頻度を制限されることは厳しい条件のように感じますが、私も絶対にお菓子をやめることはできないと感じていました。しかし、過食を改善した今は週1も食べることがないかもしれないくらいお菓子を口にすることがなくなりました。

どうしてお菓子が欲しくなるのか、根本から理解し一つ一つを改善することでお菓子の過食は改善に向かっていきます。

お菓子を食べ過ぎた時の対処法

もしお菓子を食べすぎてしまったときの対象法は「食事量を減らさない」ことです。健康的でタイ脂肪燃焼効果もある「ま・ご・わ・や・さ・し・い食」を中心に食事をしていきましょう。

お菓子を食べすぎてしまったからと言って絶食したり低カロリー食や置き換えなどを活用してしまうとその場の体重はコントロールできたとしても、体脂肪は増え、筋肉量は減少するため見た目・健康は崩れていきます。

お菓子を過食してしまう人にとってこれ以上食事をすることが怖いと感じてしまう人も多いですが、過食を改善していくためには避けては通れない道です。

お菓子を食べすぎないようするコツ

お菓子を過剰に食べすぎないようにするコツは血糖値対策と満腹中枢の正常化が鍵です。元摂食障害者である私も血糖値コントロールは常に意識していました。

機能性低血糖を予防する

お菓子の食べ過ぎは機能性低血糖を引き起こします。血糖値のグラグラは食欲の爆発につながるので過食を改善するためには対処が必要です。

低血糖を予防するするのは良質な複合炭水化物です。米・芋・栗をうまく活用して低血糖対策をやってみましょう。低血糖を助長するような低炭水化物ダイエットなどはお菓子への欲求を強めてしまうことになるので注意が必要です。

まとめ

お菓子を食べ過ぎるとどうなる?と疑問にお答えしました。

  • お菓子の食べ過ぎは万病の元
  • お菓子を食べ過ぎた時も食事は抜かない
  • 血糖値コントロールを意識する

お菓子をそもそも求めてしまう体の状態を改善していくことも合わせて重要です。低血糖対策を行いながら、胃腸の健康を意識した食事も意識していくことで根本からお菓子をやめる体をつくっていくことが無理なくやめるコツです。