【栄養療法がうまくいかない方へ】胃酸攻略が栄養を効かせるコツ

食事改善の効果が感じられない人の多くは「消化」「吸収」「代謝」のどこかに問題が抱えています。

特にちゃんと「体にいいもの」を選んでいるのにも関わらず、体調が改善していかない・体型が変化しない人は初期の「消化」「吸収」の段階でうまくいってないことが考えられます。

体の中に食べ物が入っていって最初におこなうのは「消化」です。食べ物をドロドロに溶かしていく作業が栄養を体に取り込む第一歩と言えます。

この記事では栄養療法がうまく行かない原因。「消化不良」がおこっている人に向けて「栄養吸収のコツ」について解説します。なぜ栄養が効かないのとか理解することで、自分に必要な食の選択の幅を広げることができます。

消化不良でたんぱく質が吸収できない人

健康とは切っても切り離せない「たんぱく質」の話を最初にしたいと思います。たんぱく質が重要!とはどこでも言われていることなので、意識して食事に取り入れている人も多いのではないでしょうか?

人によっては「プロテイン」を活用してプロテインを摂取している人もいるかもしれません。

しかし、たんぱく質は「消化吸収が難しい」という問題があります。たんぱく質は「胃酸」やその他の消化酵素によってバラバラに分解され「アミノ酸」という形になって小腸から吸収されます。

しかし「胃酸」の分泌がうまくいってないと「たんぱく質」を分解することが困難になってしまうのです。「消化」「吸収」に問題を抱えている人は「胃酸」の分泌がうまくいってないことが多いので、栄養が効かない原因になってしまうのです。

過食の人は胸焼け防止で「胃酸抑制剤」を入れていることも

さらに過食を繰り返している人は「逆流性食道炎」になってしまうことも多いです。私も過食を繰り返していたころは逆流性食道炎でずっと胸が焼けたような痛みがあり、胸のムカムカが止まらず吐き気に襲われていました。

そうなると「逆流性食道炎」の症状を抑えるために胃酸抑制剤が入ったお薬を飲む人もいるかと思います。そうすることで一時、症状は軽減できますが「胃酸抑制」するための薬ですので、さらに胃酸が出にくい状態になってしまうという悪循環…

お薬の切り上げ時を考えずに日常的に使ってしまうとどんどん「たんぱく質」が吸収できにくい体になってしまいます。

消化不良の改善を助けるアイテムを活用する

このことからもお菓子の過食を繰り返してしまう人は「消化能力」自体低下していることが考えられます。栄養を入れても効きにくいとなると、お手上げ状態になりやすく「消化不良」を抱える人の栄養指導の中で一番難しいところだと感じています。

なので「消化能力」が低下しているのがはじめからわかっているのであれば「消化サポート」のアイテムをうまく活用することがおすすめです。

一人でできないことは無理せず、他の力をしっかり借りましょう!

消化サポートにおすすめアイテム 梅干し 

食材の力を借りることがまずは取り組みやすいですね。中でも鉄板のアイテムとして「梅干し」はかなりおすすめです。

梅干しに含まれる「酸」は胃酸の分泌を高め消化を徹底サポートしてくれます。梅干しは昔から「体にいい」と言われるだけあって日本人の食卓から外せない食べ物だと思います。

私も逆流性食道炎がひどい時は梅干しを取り入れていましたが、継続していく中で胸焼けがだんだんと治まっていきました。

消化酵素の代表格 パイナップル 大根おろし

こちらも昔から食事のお供に良いとされている食材達。パイナップルとお肉を一緒に調理すると「肉が柔らかくなる」といいますが、これも消化酵素の力です。

大根おろしも魚の付け合せとして定番ですが、消化サポートにもってこいの食材です。

食前のお供に アップルサイダービネガー

梅干しや大根おろしが手元にないときに活用したいのが「アップルサイダービネガー」です。りんご酢のことですが、食前に摂取することで胃酸の分泌をサポートしてくれます。

酢の物に入れても食事全体の消化をサポートしてくれるのでとてもおすすめです。

消化酵素サプリ

場合によってはサプリメントを取り入れるのもありだと思います。「消化酵素サプリ」と呼ばれるものがあります。これらを摂取しても消化をサポートしてくれるので、胃酸が明らかに出てないと考えられる人は最初から活用してもいいと思います。

まとめ

栄養は摂ってからがスタートです。「消化」「吸収」のことを考えて食事をしていくことで栄養療法の高い効果を感じることができます。

過食にお悩みの方は「胃腸のトラブル」が潜んでいる可能性が高いです。栄養を効かせるための補助アイテムもうまく活用しながら体質改善に取り組んでいきましょう。