【お菓子の食べ過ぎ】やめたい人が取り組むたんぱく質戦略

たんぱく質は重要!と一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?実はこのたんぱく質、お菓子がやめられないと悩む過食気味の方にとっても大切な栄養素です。

お菓子の食べ過ぎでご飯がお菓子に置き換わっているような人は「たんぱく質不足」の可能性が高い…なぜならお菓子は基本的に糖質・脂質の組み合わせが多く、たんぱく質はほぼ含まれていないからです。

たんぱく質が不足しても「糖質・脂質」は常に体に入ってくるのでいきなり体調不良を起こすことはありません。しかし、たんぱく質不足は年間単位でゆっくり進行していきます。

タンパク質不足では「爪や髪」といった体の部位に影響が出てくるほか、食べ物がちゃんと消化できなくなったりと「消化不良」を招く原因にもなります。

お菓子をやめたい人はこの記事を読むことで「過食に対応したたんぱく質の摂り方」について学ぶことができます。過食がある人はいろんな方法を取り入れるのではなく「栄養を取り入れる順序」がとても大切。

正しい栄養の取り入れ方を知ることで「お菓子を無理なくやめられる」行動につながっていくと思います。

栄養には取り入れる順序がある!?

たんぱく質不足だからさっそく肉を食べよう!

そんな風に考える人もいるかもしれません。しかし栄養には取り入れる順序というものが存在します。

特にお菓子をやめたいと思っている人の背景は「お菓子を自分で止めることができない」という悩みがありますよね?

これは体内の状態が「エネルギー不足」になっていることが考えられます。なのでやるべきことは「エネルギー不足」を解消すること。食事の質を変えながら「捕食」をうまく活用して体内の状態を整えていく。

これがお菓子がやめられない人が最初に取り組むステップです。

たんぱく質摂取が体調悪化の原因に!?

たんぱく質はその後の話。冒頭でも説明したようにお菓子をやめたいけどやめられない人はタンパク質不足で「消化能力」も落ちている可能性が高いです。

たんぱく質は「高い食化能力」が求められるため、いきなり高用量のたんぱく質を入れたところで消化不良に終わる可能性が高い…

さらにたんぱく質の未消化物が腸内環境を荒らす可能性もあるため、この戦略は個人的にはおすすめしていません。

現に私も「タンパク質不足にはプロテインだ!」と意気揚々と購入しましたが、プロテイン摂取後のお腹の張りが強く最終的には下痢をしてしまう…という散々な結果に終わりました。

たんぱく質は必ず体に必要なものです。しかし「取り入れる順序」が効果的な摂取なのか分かれ目になると感じています。

たんぱく質の多い食材とは

さて、栄養摂取の順序がわかってたらステップに沿ってたんぱく質を取り入れていきましょう!

たんぱく質は「動物性食品・豆類」に多く含まれます。

過食の人はプロテインもうまく活用しよう

お菓子がやめらずに体調不良がある人は「調理」する気力もないかもしれません。私もそうでしたが、「体にいい食べ物」がわかったとしても自炊できるかどうかは別問題。

なんせ体調不良で気力がないわけですので自炊のハードルはめちゃくちゃ高かったです。結果、自炊もできずにイライラしてまたお菓子を買ってしまう…という負のループに入ってしまいました。

なので同じような境遇の方にはプロテインをはじめからおすすめしています。極力、調理の負担を減らして体質を改善していくことが過食の人には合っているのかなと思っています。

プロテインは大きく分けて「動物性プロテイン」と「植物性プロテイン」があります。

基本的には吸収率の良いとされる「動物性(ホエイ)プロテイン」をオススメしています。

アミノ酸も過食対策におすすめ

プロテインよりもさらに細かい状態になっているのがアミノ酸。吸収の面を考えると実はアミノ酸がNo1!胃腸に負担をかけることなく吸収させることができます。

私はよくお菓子をやめたい人の捕食をとして紹介しています。お菓子がやめられない背景には「低血糖」が潜んでいるケースが多い…

低血糖は「捕食」によって対策することができますが、アミノ酸も「捕食」として有効活用できます。消化吸収に負担がない分、即時的な効果も期待できるのがアミノ酸の良いところ。

普段の食事でたんぱく質の摂取やプロテインで穴を埋めつつ、アミノ酸で後押ししていく。私はこの戦略で一気にタンパク質不足解消に向かうことができました。

「お菓子をやめたいけどやめられない人」が取り組む食事改善STEP1として「捕食」が重要と何度もお伝えしていますが、アミノ酸を仲間に加えてあげてもいいと思います。

たんぱく質消化のハードルはちょっと高め

たんぱく質を多く含んだ食材がわかったら「消化」についても理解を深めましょう。前述したとおり、たんぱく質は消化が難しい栄養素です。消化するには「胃酸」が必要ですが、お菓子の食べ過ぎをを繰り返している人は胃酸分泌がうまくありません。

栄養は「消化」して「吸収」してようやく体内に入ります。体の中に取り込めないのであれば意味がありません。

お菓子中毒で日々、糖質メインの食事をしている人は「胃酸」の分泌が苦手です。このことを知らずにたんぱく質をたくさん入れても望んだ効果を得ることは難しい…

なので消化を促進する食べ物の摂取や消化酵素もうまく使ってほしいと思います。消化をサポートするアイテムを上手く活用することで栄養改善は早くなります。

まとめ

お菓子をやめられない人向けの「たんぱく質戦略」についてお伝えしました。

やはり、お菓子中毒の人は「栄養を取り入れる順序」が大切だと日々感じています。私もこの「順序」を意識するようになってからが体調の変化もしっかり感じられるようになりました。

たんぱく質は必ず体に必要なものです。しかし、「順序」を守らずして多量摂取すると悪影響につながることも考慮して上手に付き合っていきましょう。