【専門家しか知らない】お菓子の過食をやめるには胃腸の健康が最重要

  • 血糖値を気にしているけどお菓子がやめられない
  • 過食で体調がずっと優れない
  • 過食を改善するいろんな方法を試しても効果が感じられない…

体型が崩れてきたり、体調も悪くなってきてお菓子をやめたいと思っているのにやめられない…とお悩みの方は「胃腸」の健康に目を向けてみることをおすすめします。私も過食を改善するまで4年ほどかかりましたが、「胃腸の健康」に目を向けて食事を変えたいった結果、自力で過食を改善することができました。

この記事では「過食が思うように改善しない」という方にとって新しい道筋を提案しています。従来の対処法とは違い根本から過食を改善していく方法を知ることができます。

お菓子がやめられない原因は「胃腸」の健康状態が悪いこと

過食の人が一度お菓子を手につけてしまうと思ったように自分の意思で止めることは困難です。お菓子中毒という言葉もあるようにお菓子に含まれる白砂糖には中毒性あるので次から次に食べたくなってしまいます。

高糖質なお菓子大量摂取することで機能性低血糖を引き起こしさらにお菓子を求めてしまう…と言われています。

しかし、お菓子がやめられない本当の原因はそれだけではありません。

お菓子がやめられない原因は「自分の体」が栄養不足のため、消化器官(胃や腸)が弱ってしまっていることが根本の原因にあります。

胃腸が弱ると正しく栄養の消化吸収ができません。結果、筋肉や消化酵素がうまく作られれずさらに糖質に対して弱い体が出来上がります。

糖質が多すぎる食事・お菓子の過食は確かに問題です。ですが、入ってきた糖質を処理しきれない自分の体を見直すことが本当に大切です。私はこの視点が欠けていたため改善に時間がかかりました。

胃の健康 胃酸がちゃんと出ているのか

胃酸の分泌は栄養を消化する上でとても大切です。たんぱく質やビタミン12を消化する時も胃酸は大活躍します。しかしお菓子の食べ過ぎをカバーするために絶食やカロリーオフ食品などを基本にした食事をしているとたんぱく質不足が進行してきます。

胃酸もたんぱく質で作られているので、たんぱく質不足であれば胃酸がちゃんと作られず、結果お肉やお魚を食べたとしても消化不良を起こす体になってしまいます。

偉そうに書いている私も低たんぱくな食事を続けた結果、肉や魚・卵と食べた時にちゃんと消化できずお腹がゴロゴロしたり、おならがいつもよりも臭くなってしまいました。これはちゃんとたんぱく質を消化できてない証拠です。

食べたものを消化するときに必要な唾液や胃酸がちゃんと出るというのは、人間の健康を維持する上で必要不可欠なのです。

腸の健康 ちゃんと食べ物を吸収できているか

小腸は栄養が体に入る入口です。腸の健康が整えってないと栄養の吸収がうまくいきません。また腸には無数の腸内細菌が活動していて腸の健康に関与しています。

腸内細菌は大きく分けて善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分類されますが、お菓子を食べすぎるような生活をしていると悪玉菌優位の腸内環境が形成されます。腸内環境の乱れは慢性不調の原因にもなり体内で炎症も起こします。

炎症が起こっていると肝臓など血糖値の維持に重要な臓器も働きにくくなってしまい、機能性低血糖の原因になります。お菓子をやめられないのは肝臓機能の低下も考えられるので腸の健康をつくることは必須です。

「お菓子を食べなければいい」は通用しない

よくお菓子を食べすぎてしまう…という相談に対して「買わなきゃいいじゃん」とか「隠しとけ」とかアドバイスをしているのを見かけます。

ですが、過食になった身からすると、その正常判断が難しいのです。わかっていても買ってしまうし、情けない選択をしている自分に落ち込みます。

ですが、解説したようにお菓子をやめることができないのは「体が健康状態ではない」からです。血糖値がグラグラしたり、肝臓や腸、胃が正しく機能してないなかで正しい選択自体が難しいと私は感じます。

正常判断ができて自分をコントロールできるのは「健康状態」が大きく左右します。お菓子をやめる方法というと「代替えの低カロリーのお菓子を選択しよう」と提案しているものもありますが、胃腸の健康が整ってないとどんな食事法も対処療法になってししまいます。

お菓子を食べすぎてしまうのは「体がエネルギー不足」を感じていて代謝自体に問題が起こっているから。そしてこの背景に「消化管(胃腸)の健康」が崩れていることが考えられます。視点を変えるとやるべき食事への取り組み方も大きく変わってきますね。

まとめ

消化管(胃や腸)の健康状態が悪ければ代謝に不具合がでます。人間は食べたものをエネルギーにしてる以上、栄養不足だと体が判断すれば食欲スイッチはオンになります。

これを改善するには消化管の健康に目を向けましょう。低血糖対策はもちろん重要ですが、低血糖対策だけではうまく行かなかったという方は是非違った角度からアプローチしてみましょう。