野球が上達したければスポーツ栄養学を学ぼう【セルフコンディショニング】

こんばんは!
福岡で断食指導をしている断食指導者の城本拓実です。

 

 

本日も当ブログにご訪問頂き本当にありがとうございます!

 

 

さて、甲子園も開幕直前ということでもともと高校球児である僕もワクワクしております!

 

 

福岡の代表は今年も九州国際大付属高校!いやー毎年強いですね(^^)

福岡は毎年激戦区として有名ですがその中でいつも県大会に顔出すってホントすごいなーと思います!今年は熊本震災もありましたので、球児たちのコンディショニングはいかに…

 

ってところですが、是非、野球を通して九州全体を盛り上げてくれたらと思います^^

 

 

 

 

さて、今日はそんな野球に関するお話です。先日、Facebookでさーっと投稿を確認していたところ一つ気になる情報を見つけました。

 

 

 

ファスティングの専門家として有名な山田豊文先生の投稿についてです❗️山田先生は分子整合医学を徹底的に研究されておりものすご~く栄養学に詳しい方です!

img01福岡で一度講演会をされたことがあり、僕も参加したのですが福岡、熊本、鹿児島、宮崎、長崎など九州各所からたくさん人が集まっていました(^^)

 

 

 

 

「子どもを守る食育」

 

 

 

 

というテーマでお話をされておりとても感銘を受ける内容でした!

 

 

 

それ以来、山田先生の発信には常に目を向けているのですが

 

 

 

今回、ためになる内容の投稿があったので僕なりの見解も加えてシェアしたいと思います!

スポーツ上達法の鍵はコンディショニングを整えること

山田先生はプロ野球の選手にも栄養学の指導などされていますが

 

 

今回は、高校野球のコンディショニングサポートをされたときのお話です!

先日、松商学園野球部の足立監督から長野大会の結果報告とお礼の電話がありました。
松商学園は25日の決勝戦で佐久長聖に敗れ、残念ながら甲子園進出はかないませんでしたが、私のコンディショニング理論を熱心に学び、生徒たちに食事や生活習慣の指導を行った今大会は、いつも以上に万全の状態で試合に臨むことができたとおっしゃっていました。少し改めるだけで、これほどまでに体調が良くなるのかと、驚いたそうです。

今回は残念ながら甲子園に進むことはできませんでしたが、このような指導者と巡り合い、自分自身のパフォーマンスが良くなったことを体験した生徒たちは、野球を続けていかなかったとしても、食事や生活習慣の重要性を大人になってからも、ずっと覚えていてくれるはずです。それは、大げさではなく人生の財産となっていきます。

高校や中学の部活動であっても、引率の監督やコーチが基本的な食を中心としたコンディショニングの知識を持ち合わせていない日本の現状は本当に嘆かわしいです。しかも今の日本の食べ物は有害物質があふれています。学生の間は特に体を作る重要な期間なのですから、指導者は技術面だけでなく、体づくりの大切さについて真摯に学ぶべきてす。

facebookより引用

僕は高校時代、これといって栄養学に指導など受けたことがなかったので
本当にもったいなかったなーと思います(泣)

 

 

 

高校生になるとある程度、自分たちで食事を選ぶようになりますが、
知識が乏しいこともあり、「たくさん食べて体を大きくする」
ぐらいにしか食事の重要性を捉えていませんでした。

 

 

 

 

結果、選ぶものはジャンクフードだったり、コンビニの弁当など
当時を振り返るとひどい食事内容だったなと思います(笑)

 

 

 

 

救いはお昼ごはんに関してはいつも母親が作ってくれていたことくらいです。
でも、周りの友達にはいつもコンビニ弁当の子もたくさんいました…

その点、やっぱり親には感謝しないとと思い、
今は健康をサポートする面で恩返しをしております。

自分もそうでしたが、プレーの上達法(バッティングフォーム)や体つくり(筋トレ、走り込み)などは一生懸命頑張るのですが、コンディショニングがガタガタって場合が今の子は非常に多いと思います。

しかし、野球がうまくなりたいんだったら
コンディショニングにも必ず目向けたほうがいいですね!

それこそ、今の高校野球ってホントレベルが高いです❗️

 

「公立校が私立の強豪校を破った」

 

 

なんて話はザラですし、技術に関しても高いパフォーマンスを持ち合わせた子が多いなーと思います。

 

では、勝敗を分けるものはなんでしょうか??

 

 

僕は「スポーツ栄養学を通したコンディショニングの差」だと思います!

そんなに力の差がない高校同士がぶつかった時

・いかにコンディショニングの良い選手がその場にいたか
・投手の状態の善し悪し

上記の事柄によって大体のゲームは決まってしまうと自身の経験からも思います。
スクリーンショット 2016-08-05 20.09.19

スポーツ栄養学を学ぼう

子どもたちに栄養学を学んでもらうことも非常に重要ですが やっぱり、プレーに精一杯になってしまう時期なので
周りのフォローが大切かなと思います!

 

 

 

大人がまずスポーツ栄養学について学び理解したうえで子どもたちに伝えていくことが重要ですね!

 

 

 

何よりお母さんがスポーツ栄養学に詳しくなれば
食卓が変わりますからね(^^)

 

 

 

食卓が変われば体が変わります!!

 

 

是非ともまずは指導者だったりお母さん、お父さんが
スポーツ栄養学について学んでみてはいかがでしょうか??

 

 

でも「どうやって勉強したらいいのかわからない…」
「本が難しくて理解ができない」

 

 

 

など壁にぶつかられる方もいらっしゃると思います。

 

 

僕が支部長を務める福岡高宮中央支部ではそんな方へ向けて「食育セミナー」を開催させて頂いております(^^)

 

 

内容もまったく栄養学初心者の方を対象にしていますので参加者様には安心して受講して頂いております!

 

 

 

場所は福岡市内で基本は開催しておりますが要望があれば出張も可能です。

 

 

 

まず、どういうことをやるのか、どんなことを学びたいなどお問い合わせして頂けばと思います(^^)

 

お問い合わせはこちら

 

 

また栄養学を勉強してみたい方。下記の内容に当てはまる方。

・自分のケア、夫や子どもの体を食の面からサポートしたいという方
・ファスティングを勉強したいという方
・ファスティングや栄養指導をお仕事にしたいという方

 

 

そういう方にはファスティングマイスターの資格を発行しております。「ファスティングマイスターの資格に関する疑問を解消!【2017年決定版】」でもご紹介しているので是非、読んでみて下さい!

 

こちらに関してもご興味のある方はご気軽にお問い合わせ頂ければと思います(^^)

 

 

 

 

栄養学を学んで頂き一緒に子どものコンディショニングサポートができると僕もとても嬉しいです(^^)

 

 

そんな方は是非お申込み下さい!

 

長くなりましたが、本日もお読み頂きありがとうございました。




LINE@で分子栄養学の専門家・城本拓実と繋がろう

カラダの専門家である城本拓実の公式LINE@

月数回、LINE@でしか得られない限定情報を発信します。

  1. 正しいカラダの育て方
  2. 栄養を使ってカラダを整える方法
  3. 知っておきたい栄養学
  4. ファスティングについて

など限定公開動画やテキストにてお届けします!

福岡で活動する城本拓実のLINE@


新着動画
新着動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。