疲労回復に効く栄養素と吸収効率を高める裏技的な摂取方法

こんにちは!分子栄養学の専門家・城本拓実です

 

さてさて、今年も7月に入り、夏バテしている人もいるのではないでしょうか?

 

夏バテする時期はやはり、疲労回復を高める栄養素をしっかり摂取していくことが重要…ってことはあなたも知っていますよね?

 

しかし、疲労回復における栄養摂取のポイントは「食べ合わせ」にあります

 

この部分を無視して栄養素を摂取しても、逆に消化に負担をかけて疲れるだけ…

 

栄養素を正しく活用するには消化吸収の流れを抑えておく必要があります

 

ここ無視して食事気をつけたりとか、単体の食べ物を摂取したりしても思うように疲労回復に繋がらないので気をつけてください

 

今回の記事では、分子栄養学に基づいた疲労回復に効果的な栄養素の摂取方法についてお伝えします

疲労回復を考える前に考えてほしいこと

疲労回復に効果的な栄養素と吸収の話

疲労回復のための方法って調べたらいろいろ出てきますよね?

  • 疲労回復 クエン酸
  • 疲労回復 甘酒
  • 疲労回復 ヨガ
  • 疲労回復 アロマ
  • 疲労回復 睡眠

 

検索したらわかりますが、疲労回復系のキーワードって腐るほど出てきます(笑)

 

それだけ、疲労が取れない人が増えてる、ってことだろうか…

 

いろいろ、疲労回復の方法はあると思いますが、まず僕があなたに考えてほしいと思うことは「なぜ疲労が溜まっているのか」です

 

なぜ自分は疲れているんだろうか…

 

この部分を考えずして、疲労回復の方法を探し求めたところで永遠に疲労は取れないと思います

 

  • 仕事による疲れ
  • 夜更かし
  • ハードワーク
  • ハードトレーニング

 

いろいろあるかと思いますが、自分に疲労が溜まっている原因を追求してみてください

 

こういう、原因がわかっている疲労は、まだ対処がしやすいですよね?

 

だって単純に「休む」という選択や「自制を効かせて早寝する」「お風呂で血流を良くする」などでも疲労回復の効果が実感できると思うから

 

疲労が溜まっている原因が明らかなら、「休養」という明確な疲労回復の方法を取ることで改善が見込めます

 

でもですね、こういう人っていませんか?

 

  • 寝ても寝ても早起きできない
  • 朝布団から出られないくらいボーっとする
  • 夕方にかけて集中力が格段に落ちる
  • 朝は元気だけど昼をすぎるとドンドン疲れてくる
  • まだそんな歳でもないのに少し動いたくらいで息切れ

 

これらの項目が当てはまっている場合、自分がどうして疲れているのかがよくわからないと思います

 

自分が疲れている原因がわからないのに「疲労回復に効果的なクエン酸」とか「アロマ」とかそういう健康法を実践することは、敵が見えない状態で鉄砲を撃っているようなもの

 

いろいろ疲労回復に効果的な方法を試してみたけど、いまいち効果が感じられない…という人は「疲労回復の方法」を調べるのではなく「そうなってしまっている自分の体を知る」ことのほうが何倍も重要だと思います

 

原因不明の不定愁訴の原因

原因不明の不定愁訴って数多くありますが、これらの原因を「分子栄養学の視点」で解説するならミトコンドリア障害です

 

たけぞう
ミトコンドリア??食べ物かな?

takumi
いやいや、ミトコンドリアは食べ物じゃない(笑)

人間のエネルギーを作り出すために活躍してくれるやつらさ!

 

疲労が溜まる原因は簡単に言うと「エネルギー不足」です

 

人間は外から栄養素を摂取して代謝を行っているため、自分自身でエネルギーを作り出すことができない

 

だから、絶えず食べ物を摂取してエネルギーを補給しているわけだけど、エネルギーを補給したとしてもカラダの中で上手に使えなければ意味のないものになってしまいます

 

ミトコンドリア障害についての音声を収録したので聞いてみてください

疲労回復に効果的な栄養素とは

これらを理解した上で「疲労回復に効果が期待できる栄養素」を紹介します

 

僕が思うにミトコンドリア障害を改善する栄養素はこれ👇

 

これからの栄養素はミトコンドリアの機能を高め、代謝に大きく関与する栄養素

 

ミトコンドリアサプリなんかにも含まれれる栄養素です

 

エネルギーを作り出す際には、ビタミン類やミネラルが補酵素として働き酵素の活性化を高めるため必要です

 

これらの栄養素が見ている状態であればミトコンドリアも正しく機能して、疲労回復にも繋がります

栄養素の摂り方が大切

疲労回復に効果的な栄養素を紹介することは簡単ですが、問題はどうやって効かせるか、です

 

 

  • ◯◯の食べ物が体にいいから食べてね
  • ◯◯という食べ物が体に悪いから食べないでね
  • ◯◯には疲労回復に効果的な栄養素が◯g入っています

 

こんなことを言うことは誰だってできます

 

問題はどうやって効かせるか、そこにつきます

 

なので、ここでは少し踏み込んだ栄養素の効かせ方の話をしてみようかと思います

ビタミンB12の吸収には胃酸が必要

栄養学 ビタミンB12

上記で紹介した疲労回復に効果が期待できる栄養素の中にビタミンB12があります

 

ビタミンB12は血液を作る際に関係してくる栄養素で、女性が疲れる原因である貧血を改善する際にもかなり意識して摂る必要がある栄養素

 

あわせて読みたい関連記事👉「貧血があるとダイエットできないよ、って話をしようと思う

 

ビタミンB12不足はエネルギー不足の原因となります

 

そこで、ビタミンB12を摂取していくわけですが、ビタミンB12の吸収はちょっと他の栄養素と変わっています

 

ビタミンB12は吸収する際に胃酸で分解する必要があるため、胃酸が出ていないのであれば吸収は行われません

 

ビタミンB12が吸収できない、ということは女性の場合貧血が悪化する場合があると思いますし、男性であってもミトコンドリア障害の原因になります

 

疲労回復を促したいのであれば、血液を介して正しく栄養素や酸素が全身に運搬されることは必須です

 

それならば、血液を正しく作るために必要なビタミンB12は疲労回復において必須の栄養素というわけです

 

胃酸を出す方法

胃酸の分泌を高める方法

そこで胃酸を分泌させることが必須条件になるわけですが、胃酸が出てない人にはある特徴がああります

 

  • 胃薬を飲む
  • 筋肉が付きにくい
  • 貧血がある
  • ストレスフルな生活をしている

 

このあたりが僕が胃酸において評価するポイントですね

 

胃や腸などの内臓器官ってかなり繊細な臓器なんですよね

 

ちょっとしたストレスとや生活習慣で影響をモロに受けます

 

タンパク質分解する際にも胃酸は必要なので、タンパク不足や血液不足がある際は、胃酸の分泌の状態も疑います

 

 

疲労回復を促すためにはビタミンやタンパク質の吸収を妨げる要因を排除する必要があるわけですが、出てない胃酸を分泌させるのには労力がかかります

 

そこで、現在胃酸が出てない人に対する対処法として

  • リンゴ酢を摂る
  • 酸っぱいものを摂る
  • 呼吸をコントロール

 

 

このあたりが効果的な方法だと思います

 

リンゴ酢や酸っぱいものは胃を刺激して、胃酸分泌に働きかけます

 

食前にリンゴ酢を飲むなどすることで、多量なりとも胃酸の分泌は促進できます

 

 

あとは呼吸ですね

 

胃酸はストレス過多によって止まりますが、副交感神経が優位な状態であれば正しく分泌されるようになります

 

 

呼吸は唯一、人間が交感神経と副交感神経のスイッチを意図的に切り替えるできる方法

 

 

呼吸の管理をすることで、胃酸の分泌もコントロールできるってわけです

 

 

呼吸について語りだすと長くなってしまうので、今日は辞めときますがいずれブログでも取り上げていきたいと思います

 

胃酸の分泌をコントールすることが結果として疲労回復に繋がるので、是非実践していきたいですね

 

人によって栄養の必要量は違う

栄養素の目安量は

栄養を正しく活用して疲労回復を促したいのであれば、栄養素のことだけでなく、自分のカラダについて理解することが先決、だということがご理解いただけたかと思います

 

 

 

それを考えると人間の栄養素の必要量というのは一人ひとり違うということ

 

ここを無視して「疲労回復に効果的な食べ物」を調べ続けても永遠に疲労は取れないですよ

 

 

個人個人に合わせた食事が疲労回復において意識してほしいポイントですね

 

 

あわせて読みたい関連記事👉「【栄養の必要量は人によって異なる】自分だけの栄養必要量の見つけ方




LINE@で分子栄養学の専門家・城本拓実と繋がろう

カラダの専門家である城本拓実の公式LINE@

月数回、LINE@でしか得られない限定情報を発信します。

  1. 正しいカラダの育て方
  2. 栄養を使ってカラダを整える方法
  3. 知っておきたい栄養学
  4. ファスティングについて

など限定公開動画やテキストにてお届けします!

福岡で活動する城本拓実のLINE@


ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。