栄養学の一般的な勉強方法とそのメリット・デメリットまとめ

栄養学の専門家が食事の勉強法を徹底解説

こんにちは!分子栄養学の専門家・城本拓実です(食の学校/by takumi

時代とともに栄養学の必要性が広がり始め、栄養学を勉強したい、という人が増えています。

栄養学を勉強するとなると学校に行くのか、それとも通信教育や本などを使って独学で勉強するのか、という勉強方法にわかれます。

takumi

ここでは栄養学を勉強するために活用する学校や通信教育のメリット、デメリットについてまとめてみました。

そして栄養学を勉強してきた僕が思う「最適な栄養学の勉強方法」についてもお伝えします!

自身のライフスタイルからどの勉強方法が合うかを探す判断材料にしてもらえれば幸いです。

栄養学を勉強できる施設や場所

栄養学が勉強できる場所/大学

大学で管理栄養士の資格を勉強する

栄養学をしっかりと学校で学びたい場合、大学で4年間かけて学ぶことができます。

栄養関係を扱う大学はたくさんありますが

  • 食品ビジネス科
  • 食品栄養科
  • 食品栄養学科
  • 管理栄養学科
  • 栄養マネジメント学科
  • 植物栄養学科

 

などの科で栄養学や栄養を使ったスキルを磨くことができます。

大学・短大で栄養学を勉強するメリット

大学は4年制のところがほとんどなので、ゆっくり時間をかけて栄養学の知識を勉強することが出来ます。

takumi

僕は大学はスポーツ科学部だったので、スポーツ栄養学なんかも受講してきました。

大学には、深い専門知識をもった教授の方もいらっしゃるので、栄養学を追求したいという方にはおすすめ

ちょっとむずかしい話になりますが

  • 栄養学ってそもそも何のか?
  • いやいや、それ以前に栄養を作り出す過程とは
  • もっと言えば、分子とは何??

 

みたいな、栄養学の本質を学びたい人は是非、大学で研究するのもありだと思います。

 

また、栄養士、または管理栄養士の資格を取りたい人にも大学での勉強はおすすめできます。

 

というより、栄養士は通信教育では習得することができません。

 

さらに、その上位資格である管理栄養士になるとさらに実習に行く必要があるため、必ず大学、もしくは栄養学の資格を習得できる短大に行く必要があります。

 

本気で栄養士・管理栄養士を目指したいと思って勉強に意欲のある人は大学に入る意味があるかと思います。

 

大学で勉強する栄養学のデメリット

とにかく、卒業まで時間がかかります。

栄養学を勉強する理由は様々なだと思いますが、もしあなたが仕事で栄養のスキルを使いたい、と思っているのであれば出来る限り、早く卒業したいところ。

 

即活用したい人には大学での勉強はおすすめできません。

 

また、大学はそれなりの費用がかかります。

僕のいた私立の大学は前期で100万、後期で100万くらい必要(汗)

僕も現在、奨学金で地道に返しています(笑)

栄養学を大学で学びたいなら4年間分の学費が必要、ということもデメリットになりますね。

takumi
僕も管理栄養士の資格を取ろうかな〜と考えた時があったけど、時間とお金の壁に阻まれてやめた…

通信教育

通信教育では前述した通り、栄養士や管理栄養士の資格は習得することはできません。

しかし、◯◯マイスターというような栄養学を取り扱った資格も多数存在します。

  • フードマイスター
  • 野菜ソムリエ
  • ファスティングマイスター
  • ローフドーマイスター

 

などなど、栄養学に特化した資格はたくさん見つかります。

 

資格の中には、自宅で受講できるものもあり、通信教育で栄養学を勉強できます。

通信教育で勉強するメリット

とにかく、資格習得までの時間が短くて済みます。

栄養学を使って何か仕事がしたいんだけど、何か箔が欲しい、という場合は通信教育や栄養学を勉強できる講座に参加することで、スピーディーに資格や信頼を獲得することができます。

 

takumi
僕の場合、ファスティングマイスターという美容と断食の専門家としての資格を持ってるよ。

資格を持っていることで、周りからの信頼度も変わるので、何か興味がある分野があれば、突き詰めて勉強してみるのはありだと思う。

ファスティングマイスターの資格に関する疑問を解消!【2018年決定版】

2017.02.02

大学と違い、勉強期間も3日程度で終わるものがほとんど。

栄養士としての活動をしたいのでなければ通信教育を活用した資格習得も良いですね。

通信教育で勉強するデメリット

こちらも大学と同様、金銭的負担がかかります。

講座の内容で値段もピンからキリですが、資格発行になると3万〜15万くらいば相場。

大学や短大で栄養学を勉強するのに比べると結構安く済みます。

 

しかし、通信教育で気を付けないといけないところは、上位資格がある場合がある、ということです。

  1. 初級
  2. 中級
  3. 上級

 

のようにだいたい、3段階方式になっていて、初級を受けると必ず中級の受講を進められます。

たちが悪い資格だと、初級の内容がペラペラで、中級以上を受講しないと、しっかりとした情報を受け取れないものもあります。

 

そうなると

  • 初級費用で3万〜5万
  • 中級費用で10万〜15万
  • 上級費用で30万

これくらかかってしまいます。

takumi
多いのが、初級と中級のセット売り。

初級と中級の内容が一気に学べて20万〜みたいな売り方が多いように感じます。

 

通信教育で受講する場合、その協会がしっかりしているのか、など会社や組織自体をしっかりと調べてから受講することをおすすめします。

MLMに要注意

資格を発行しているところにあるあるなのが、自社のサプリメントやMLM商品を買わせる、売らせるというもの。

栄養学を勉強したいだけだったのに、変なことに巻き込まれる危険性があります。

takumi

これも、会社のことをしっかり調べる、実際に受講した人の声を調べるなどして、自分自身で身を守ろう!!

 

独学で栄養学を勉強する

本で独学で栄養学を学ぶ

大学に行く、通信教育の講座を受講する以外に、独学で栄養学を勉強するのも一つの手です。

独学で栄養学を勉強しようと思うと、本での勉強が基本になるかと思います。

栄養学を勉強できる本は、現在多数売れれており、毎月必ず「食」に関する本はどこかで販売されています。

本を使って食事について勉強するメリットとは

本は大学や短大、資格を習得するのに比べ、とにかくコスパが良いです。

実際、大学や短大、通信教育で勉強することは、すでに本にすべて書かれていることも多いです。

 

本に書かれていることを、カリキュラム化してわかりやすくしているのが学校や通信教育であり、自分自身で頭の中を整理できるなら、本を使った学習でもかなりの知識を身につけることができます。

 

栄養学の勉強を気軽にしたい、という人であれば、まずは本を学習道具に使うと良いでしょう。

本で勉強するデメリット

栄養学を本で勉強していくと、必ず賛否両論の意見にぶち当たります。

例えばこれ👇

本だけでは栄養学は勉強できない

これは「栄養学を独学で勉強したい方へ!在宅でがっつり学べるオンラインサロン開講!!」でも解説していますが、食べ物には必ず賛否両論があります。

 

これは「炭水化物(糖質)」に目を向けて書かれた本ですが、それぞれ別の角度から炭水化物を捉えています。

 

  • 左の本は糖質を肯定
  • 右の本は糖質を否定

 

本で学習していくと、こういった反対意見にぶち当たることがあり、どれが正しいのか、わからなくなってしまいます。

 

takumi
これは本で勉強するあるあるだな。

僕もかなり、栄養学や食事に関する本を読んだけど、読めば読むほどわからなくなる、というループに入り込んでしまった(泣)

 

本は学習するのに優れた教材ですが、カリキュラム化されておらず、他の意見が出てきた時に、迷いが生じやすいです。

 

結果として

  • 栄養学を勉強しているのに何もわからなくなる
  • 栄養学に答えを見つけようと答え探し旅に出る

 

 

など、学習すればするほどわからなくなってしまうデメリットがあります。

 

takumi
本を活用するには、自分の軸を決めて勉強していかないと、栄養学が嫌いになってしまうので注意が必要だ

栄養学の専門家である僕が思う一番最適な「栄養学の勉強方法」

栄養学の勉強方法は紹介してきたように多数ありますが、個人的におすすめなのは、本での学習+資格習得です。

組み合わせが最強の栄養学の勉強方法だと思います。

栄養指導者が厳選!栄養学を勉強したい初心者におすすめの本13選」で紹介してる本などで基礎を取得しながら勉強することが栄養学習得に一番の近道だと思います。

 

プラス他人の意見を仰ぐために、資格習得やオンラインでの栄養学の学習がいんじゃないかと。

 

先程、本での学習は間違った偏った情報も得やすい…と解説しましたが、まず栄養学を勉強していく上で読んでほしいのが、カラダの構造を説明している本です。

  1. 食べたものがどのように、分解され、誰が運び、どこに届けるのか?
  2. 届いた栄養素はどういう風に働くのか?
  3. 過剰に摂取した場合、または不足した場合はどんな症状が出るのか?

 

このあたりをしっかり解説している栄養学の基本が学べる本を一冊手にとってもらい学習してもらうことが、最も効率よくブレにくい知識を付ける勉強方法だと思います。

 

takumi
生理学や生化学の観点から説明してないものは、過剰に食の危険性を謳っていたりするものが多く、偏った知識が身につきやすいです。

そうならないためにも、ちょっとむずかしいですが「人間のカラダの構造」を理解することが、本物の知識をみにつける方法だと思います

 

生理学や生化学について理解が難しければ、「大人のための一から学ぶ食育講座」がわかりやすく解説しているのでオススメです!

栄養学の勉強方法まとめ

栄養学や食事のことを勉強する方法は、たくさんありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

金銭的に余裕があれば、誰かに教えてもらうことで成長するスピードも早い。

大学や資格を取れる環境でなければ本で学びを深めるもの一つの手です。

 

これには正解、不正解はありません。

「自分がどういう方法で勉強したいのか」ということを元に、自身の環境に合わせて選択するのが、いいと思います。

takumi

もう4年以上、勉強を続けてきた僕が言えることは「栄養学の勉強は楽しい」ということ。

すごく奥深い分野なので、一度勉強を始めると栄養学の魅力に取り憑かれると思います(笑)

 

 

是非、あなたも学びを深めてみてください。

 

▼栄養学を勉強したい方におすすめのカリキュラム講座▼

栄養学を独学で勉強したい方へ!在宅でがっつり学べるオンライン講座を開講するよ

ファスティングマイスターの資格に関する疑問を解消!【2018年決定版】

 




LINE@で分子栄養学の専門家・城本拓実と繋がろう

カラダの専門家である城本拓実の公式LINE@

月数回、LINE@でしか得られない限定情報を発信します。

  1. 正しいカラダの育て方
  2. 栄養を使ってカラダを整える方法
  3. 知っておきたい栄養学
  4. ファスティングについて

など限定公開動画やテキストにてお届けします!

福岡で活動する城本拓実のLINE@


新着動画
新着動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。