栄養学の基礎!栄養学のプロが三大栄養素について教えるよ!

 

栄養学を学ぶうえで、何が重要かというと言うまでもなく「基礎」だ。

 

基礎栄養学をなくして、栄養学を使いこなすことはできない。

 

栄養学を武器にして活動を広めていきたい!と考えているのであれば、まずは基礎栄養学を徹底して学ぶことが大切だと僕は思う。

 

中でも3大栄養素は基礎中の基礎だが、どんな栄養学の中にも頻繁に登場してくるし、3大栄養素を抑えておくことはメチャクチャ大事だ。

 

takumi
というわけで今日は、栄養学の基礎である3大栄養素についてお伝えするよ!

 

3大栄養学が理解できるだけで、栄養指導の質も一気に向上するから、わからなくなったら何度も読み直してみてください!

栄養学の基礎!三大栄養素とは

糖質(炭水化物)

糖質とは、俗に言う炭水化物のことだ。

 

たけぞう
炭水化物と言うと

  • ご飯
  • パン
  • パスタ
  • うどん
  • 砂糖
  • ジュース
  • 果物

 

このあたりかな??

 

takumi
そうだね!

それらの食材は全部、糖質!!

 

糖質(炭水化物)は主食となるような食材が多いのが特徴。

 

おかずだけだとなんか物足りないけど、そこにご飯やうどん、蕎麦などがあると、一気にボリューミーなご飯に変わるよね^^

 

特に日本人は米好きが多いから、炭水化物にはいつもお世話になっているよね??(笑)

糖質(炭水化物)の役割

では、糖質には一体どんな役割があるのかについて解説したいと思います。

 

特に重要な糖質(炭水化物)の役割は

  1. すぐにエネルギーに変わる
  2. 食物繊維が善玉菌の餌になる
  3. 脳の唯一のエネルギー源
  4. 細胞間のコミュニケーションツール

 

 

このあたりが重要だと思います。

 

takumi
ご飯を食べた後に力が湧いてきたり、カラダがポカポカするのは、すぐにエネルギーに代わり、カラダを動かすために重要なATP(アデノシン三リン酸)をいち早く作り出しているからだ!

 

タンパク質や脂質が分解し、エネルギー変換に時間を要するのに対し、糖質は速攻でエネルギーに変換が可能!

 

この特徴のおかげで、エネルギー切れに時に糖質(炭水化物)を補給することで、スピーディーに栄養補給することができる。

 

基礎的な栄養素ではあるが、正しく補給することで、我々の生活には欠かせない栄養素の一つだということが言えるよね!!

 

takumi
糖質の機能をしっかりと理解することで、相手の状況によって糖質の指導ができる!

アスリートなど常にエネルギー消費と隣り合わせの人に対しは「量を増やす」

デスクワーク中心の活動が活発でない人でダイエットしたい人に対しては「糖質量の管理」

 

糖質は栄養指導の基礎だが、しっかり出来てない人も意外と多い。

 

糖質指導ができるだけで、いい栄養指導が出来ることは間違いない。

糖質批判に対する考え方

解説したように、糖質(炭水化物)はカラダに必要な基礎栄養素の一つであるが、近年糖質叩きの情報が溢れており、糖質は嫌われ者になったことはあなたもよく知っているだろう。

 

  • 糖質(炭水化物)を摂ると太る
  • 糖質は体に必要のない栄養素
  • 糖質が糖尿病や生活習慣病の元凶
  • 日本人はもともと肉食だから糖質はカラダに合わない

 

 

糖質制限がダイエットに効果的!という情報が広まってからは、とにかく糖質叩きのオンパレード(笑)

 

言わんとすることはわからなくもないが、煽り立てるように雑誌、テレビなどで紹介され、完全に糖質は悪者になりました。

 

takumi
ここでちょっと僕の考えを話すと、糖質が悪いのではなく「糖質の摂り方」に問題があると考えている。

摂り方さえ間違わなければ、糖質は素晴らしい基礎栄養素だと思うよ!

 

糖質を一気に摂るから、血糖値がグラグラしてしまって悪い方向に働く。

 

逆にしっかり糖質量を管理できのであれば、糖質(炭水化物)もカラダを変える素晴らしい武器になる!!

 

あわせて読みたい関連記事👉「パーソナルトレーナーが語る炭水化物が太る理由について

 

takumi
栄養学の勉強をし始めたばかりで、糖質が良いのか悪いのかわからない…という人は、メリットを主張する人、デメリットを主張する人の両方の意見をまずは取り入れるのがオススメ!

両方の考え方を取り入れたあとで、自分の中でミキシングして行けばいいからね!

タンパク質

タンパク質も栄養学の基礎を語る上で欠かせない栄養素の一つだ。

 

タンパク質っていうとあなたはどんなイメージを持っているかな??

  1. タンパク質は筋肉の材料
  2. 髪とか爪とか作る栄養素
  3. 筋肉維持には欠かせない
  4. アスリートがよく摂取するもの

 

タンパク質は何かを作り出す栄養素として知っている人は多いが、具体的に何を作り出すかまでは知らない人が多い。

 

タンパク質について理解を深めれば、カラダの容姿を変えるボディーメイクにも有効的に使えるので、しっかりタンパク質の基礎を抑えておくことをおすすめする。

タンパク質の役割

3大栄養素の一つであるタンパク質には様々な役割がある。

 

中でもタンパク質の基礎となる役割がこちら👇

  • 筋肉を作る材料
  • 血液の材料
  • 爪や髪の毛の材料
  • 細胞間での運び屋としての役割

 

 

タンパク質はなんといっても体を作る材料なので、日々の生活に欠かせない栄養素!

 

タンパク質を上手に取ることで、大きなエネルギーを動かす体を作ることも可能だ!

 

takumi
このあたりは誰でも知っていると思うけど、僕がメッチャ大切だなーって思うのは血液の材料にもなるってところ!

血液によって人の健康は左右されると言っても過言ではないので、血液の確保という意味でもタンパク質補給は健康づくりにおいて基礎中の基礎だ!

タンパク質の摂り過ぎにも弊害はある

たけぞう
よしっ!そうとわかれば、今からプロテイン買ってくる!

今日からプロテイン生活で筋肉つけまくってやるぜ!!

 

takumi
ちょっと待った!タンパク質のとり過ぎには実はデメリットもある、ということを知っているかい??

 

たけぞう
デメリット??そんなのあるわけないだろ!

俺の回りにいるボディービルダーも毎日、毎食タンパク質を大量に摂っているぞ!?

 

takumi
彼らは筋肉に命を懸けているからね!

筋肉に一番のこだわりを持っているから、リスクも承知でプロテインを摂取しているんだ。

 

何を一番のこだわりにするか、どういう体つくりをしたいかにもよって変わってくるが、タンパク質は肝臓に負担をかけることは間違いない栄養素です。

 

内臓の疲れは、体全身の疲れやダルさ、眠気、老け、疲れが取れないなどの原因にもなるため、タンパク質を摂ればいいって問題でもない。

 

栄養指導をするにあたって、このタンパク質に関する基礎知識が疎かだと

  • とにかくタンパク質を摂りましょう
  • 四の五の云わずにプロテインを飲んで下さい
  • お肉中心の食事にしましょう

 

といった食事指導になってしまう危険性がある。

 

この食事方法の場合、肝臓が元気な場合であればしっかりと代謝し、たしかに筋肉もつきやすくなるかもしれない。

 

しかし、肝臓が疲弊している人にこの栄養指導はどうだろうか??

 

さらに肝臓の疲れを助長してしまうかもしれないよね??

 

だから、基礎栄養学が大事なんだ。

 

知っていると知らないとでは食事指導に大きな違いが出ることを覚えておこう。

脂質

さて、基礎である3大栄養素の最後の一つ、脂質についてだ。

脂質というと

  • 太る原因
  • ニキビが出来る元
  • 濃厚
  • ギトギト
  • 肉の脂身

 

などのイメージがあるのかな??

 

ハッキリ行ってタンパク質などの栄養素と比較して、あまりいい印象を持たれていないのも事実。

 

そんな脂質ですが、基礎栄養にも欠かせない3大栄養の一つ。

 

脂質があるからこそ、人間は健康にもいられるし、比較的スタミナを要するスポーツでも最大限の力を発揮できるんだよね。

 

takumi
脂質の基礎となる特性についてしっかりを理解を深めることで、アレルギーや体質改善も食事指導で行えるようになるよ!

 

脂質を極めると栄養指導の幅もぐんぐん広がっていくから、是非とも基礎を固めておこう!

脂質の役割

脂質の役割は主にこれだ👇

  • 細胞膜の材料
  • ホルモンの材料
  • 炎症を抑える
  • 炎症を強める

 

 

takumi
特に体質改善と大きく関わってくるのが「炎症」というキーワード!

炎症をコントロールできずして体質改善は難しいから、しっかり脂質の基礎の役割を知っておくことが重要になるね!

 

脂質には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があったり、さらに詳しく分類すると「オメガ6」「オメガ3」「オメガ9」にわかれたりと、ちょっとややこしい…(笑)

 

takumi
大きく「脂質」というキーワードにまとめられているけど、細かく見ていくことで同じ脂質でも全く異なった働きをするものもある。

 

だから、脂質がカラダに良いとか悪いとかは一概に言えず、「その人にとってどうなのか」が脂質を食事指導する上でかなり重要になるんだよね。

 

そして脂質は必須栄養素であるということを理解して基礎知識を覚えていくと現場で大いに活用できるようになるよ!

基礎を突き詰めていけばプロフェッショナルになれる

なんでもそうだと思うが、結局は基礎の積み重ねだよね??

 

栄養学って食べ物の効用とかに目が行きがちだけど、栄養指導にとってもっと重要なのは「相手にとってどの栄養素が必要なのか見定めること」なんだよね。

 

栄養指導は、相手を栄養でコーディネートしてあげるわけだ。

 

takumi
アパレルを想像するとわかりやすけど、服屋の店員って色の組み合わせとか、靴との相性とか、年代別コーディネートとか知り尽くしているよね??

 

相手の趣味嗜好を理解して、適切に必要な色合いを組み合わせることがコーディネータの仕事だけど、栄養学も全く同じで、自分よがりの栄養指導では良いものは提供できない。

 

そしてしっかり組み合わせるには「基礎」が何よりも重要になる。

 

 

基礎を積み上げること意識して勉強を続けていけば、栄養学を武器にすることも十分可能なので、これから栄養学を勉強する人は、是非とも「基礎」を徹底して学んでみてくださいね!!

 

研ぎ澄まされた栄養学は武器になります。

 

あわせて読みたい関連記事👉「栄養を武器にする魅力とは?栄養学を仕事にして飯を食ってる僕が解説するよ




LINE@で最新情報をお届けします!

LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。