ダイエットの食事って辛い?いや、正しいダイエット食は辛くありません

こんにちは、分子栄養学の専門家・城本拓実です(@fasting_man

ダイエット食、というとどういう食べ物をイメージする?

 

  • ご飯抜き
  • 肉控えめ
  • こんにゃく

 

いろいろ、思い浮かぶダイエット食はあると思いますが、辛い…と感じる食事でダイエットをするのは、精神衛生上よくないです…

 

では精神衛生上にもよく、しっかり痩せるにはどうすればいいのか?

 

それは、ダイエットのための食事を辛いと感じないカラダを作ることです。

 

  • ◯◯の栄養効果で激ヤセ!
  • 即効性のある◯◯ダイエット法
  • 最新のダイエット◯◯食

 

こういった情報に振り回されてしまうのは、自分のカラダを理解して

痩せたい…と願望があるものの、基本的に痩せられない人は「食欲の我慢」が利かない人です。

 

もともと、食べることが好きって人も、ダイエット中の食事は制限が付きものなので、辛い…と感じしてしまうのもわかります。

 

でもですね、辛い…と感じる食事は基本的に長続きしません。

一時的に、米を抜いたり、肉を抜いたり、◯◯を抜くという方法が一番ダイエットらしい食事のイメージがありますが、続かない、とわかっているものを続けることは意味がないと個人的には思います

 

takumi
それよりもダイエット後もずーっと続けられる食事をダイエット中から続けていくことが大事!

今、ダイエットしていて食事が辛い…と感じている人は、ダイエットに対する食事の考え方を変えてみてください。

低カロリーダイエットや極端に糖質をカットする糖質制限ダイエットなどの辛い食事で、明日の体重計の数字を追うのを辞めましょう。

 

無理しない且つしっかり結果を出すダイエット食の考え方

辛くない…と言っても、では今まで通りの食事を続ければ痩せるのか、というとそんな甘い話はありません。

現時点で太っているなら、当然食べるものの内容は変える必要があります。

 

痩せるための食事が辛い…と感じてしまう人は、無理に食事制限しようとする傾向があります

 

よく聞くこのフレーズ

消費カロリーより摂取カロリーが多ければ太る、逆に消費カロリーより摂取カロリーが少なければ痩せる。

 

この言葉を聞くと

 

たけぞう
あっ!そっか!消費カロリーより摂取カロリーを減らせば良いんだから食べる量を減らせばいいよね?

 

と大半の人が思うはず。

 

でもですね、ここにダイエット食が辛くなる落とし穴があります。

 

今まできにせず食べていた人が、ダイエット時に摂取する食事量を知ると愕然とします

 

たけぞう
食べられる量少な!!

 

ってなる人がめっちゃ多い…

 

結果、食の楽しみが消え、どんどんストレスが溜まっていきます

 

そして

たけぞう
これじゃ、すぐに1日の摂取カロリー数に到達してしまうから大好きなお菓子が食べられないじゃないか…

 

いや、待てよ…お菓子を主食にしてしまって、痩せる摂取カロリー数以内に納めれば問題ないはず!

これで大好きなお菓子も食べられるぜ

 

これでは本末転倒どころか、完全に栄養バランスを崩し、ダイエットどころの問題ではなくなります。

 

食事が辛い…と感じている人は例え、なんとかダイエット期間の食事をやり遂げたとしても、その後の暴食率は高くリバウンドする傾向にあります。

 

食事を辛いと感じている人は、自分のストレス状態を加味してダイエットを勧めていくことが大切です。

takumi
誰しも急激なダイエット成果を求めるけど、リバウンドしてしまったら元も子もない!

摂取カロリー,消費カロリーはダイエットする上で知っておくことは良いけれど、何もカロリー通り代謝しているとは限らないのが人間のカラダ。

自分にあった食事を見つけてダイエットしていくことのほうが、今後の人生において得しかないです♪

 

ダイエットの食事が辛い…と思ってい人の是非実践してほしい簡単な3つのSTEPがありますので次はそちらを紹介していきます。

ダイエット中の辛い食事から抜け出すSTEP

STEP①糖質は必ず摂取する

炭水化物(糖質)を抜いた炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、これも食事が辛くなる原因…

takumi
結論言うと、糖質はほとんどの方に必要な栄養素!

米は太る、と言われてるけど、「量」が問題なだけ。

適量に取る分は、正しくエネルギーを作り出す栄養素として体内で働くのでダイエット中だろうと米は抜かないことをやってほしい!

 

糖質制限は確かに血糖抑制に繋がりますし、実践のしやすさも現代向きで、糖質制限メニューを出しているコンビニ、外食店も増えているので周りに実践している人も多いですよね?

 

みんながやっている=正しいダイエット法

 

と認識されがちですが、糖質制限はダイエットのために考案された食事法でないですし、しっかり筋肉を残しながらダイエットしたいなら糖質は入れるべき!

 

米抜きをなくすだけでもエネルギー産生効率が一気に高まり、食事でのストレスや変な空腹感もなくなります。

合わせて読みたい関連記事👉「白ごはんは太らない!ダイエット中もしっかり米を食べるとよい理由

STEP②いきなり間食を減らすのが難しい場合は途中で「ゴルフボールおにぎり」を挟む

これは今まで、お菓子とかたくさん食べていた人にオススメの間食法です

ダイエット中は当然、お菓子に含まれる精製された砂糖は摂取しないほうがいいですが、頭でわかっていても拒否できないのが白砂糖の恐怖…

 

普段からお菓子を食べ付けている人は「低血糖症」を持っていることが多く、血糖値の変動が激しくなっている場合があります

 

体内の血糖値がグラグラすると、イライラしたり、お腹が空いたり、強烈な眠気に襲われたり、夕方にかけてぐったりしたり、まぁ良いことない…

 

低血糖性がある人が「ダイエットするから」といって今まで食べていた間食をストップさせると、血糖がグラグラしているにもかかわらずエネルギーが入ってこないため、上記で解説した症状が出やすいです

 

そんなとき、オススメなのが「ゴルフボールおにぎり」です

低血糖改善メニュー

こういう小さなおにぎりを間食として挟みます。サイズはその名の通りゴルフボール1個分!

 

米の糖質は良質なので、これくらいの米の量であれば血糖値をゆっくりと上げてくれて、低血糖を防ぎます。

人によって変わりますが、食後2時間半後くらいに入れるのがオススメです!

 

takumi
ダイエット中にイライラすると、それが食欲につながるし、それでも食べられない状況だから余計にストレスが溜まる…

結果、食事が辛くなります

 

血糖コントロールができればダイエットは楽にできるようになるので、今まで食習慣が荒れている人は、いきなり摂取カロリーを減らすのではなく、適切な量を摂りながらがオススメです。

 

STEP3偏りなく、野菜、肉、魚、豆、米を食べる

効率よく痩せるには、代謝量を高める必要がありますが、代謝を高めるには

  • 1食あたりで処理できる栄養分の摂取
  • 栄養の消化吸収を手伝うビタミン、ミネラルを確保する

 

 

簡単に言うとこれがめちゃくちゃ重要。

 

人間は1食辺りに吸収できる量は決まっています。

オーバーすれば脂肪合成に働くので、1食あたりの摂取量は均等にすることがダイエット食にはオススメです!

 

そして、代謝を正しく行い脂肪燃焼を高めるには、代謝を助けるビタミンやミネラルの摂取が必須です

 

意外と摂れているようで、自分の食事を見直してみるとビタミン、ミネラル全然摂れてないことがあります

ビタミン、ミネラルをしっかり摂取するには、食事に偏りは出さず米、肉、魚、野菜、豆などをしっかり食べることは大切です

 

  • 1食あたりの食事量
  • 食事に含まれるビタミンやミネラル量

 

ダイエットしている人はここを意識してみましょう

 

健康的に痩せる食材 野菜

健康的に痩せる食材はこれだ!ダイエットにオススメの食品10選

「いい食事」を習慣化してしまえば食事は辛くなくなる!

いかがだったでしょうか?

ダイエット食が辛い…と感じている人は是非参考にしてほしいと思います。

 

食事は「習慣化」させることがめちゃくちゃ大事。

知っているだけだと何も変わりません。

 

食事の知識と合わせて、食事のスキルを高めることをこのブログを読んでいる人はドンドンやっていきましょう!

 

 

▼食生活を21日間で改善する本気のサービスはこちら▼

【月10人限定】自宅で超結果を出す!「断食道場に行かない」オンライン断食道場について

 




LINE@で最新情報をお届けします!

LINE@

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。