30代からは内からケア!ナチュラルな美肌の作り方。

こんにちは!最近はナチュラルな美容作りの指導に力を入れている城本拓実です(食の学校/by takumi

今日は30代からの美肌の作り方について書きます。

30代女性の方で

  • 肌が荒れている
  • 肌がのくすみが気になる
  • 肌の毛穴が…
  • 肌の質感が…

 

といった肌トラブルを抱えている人って多いですよね。

20代は食べ過ぎとか不規則な生活でなる場合がほとんどなので、ぶっちゃけその生活を整えさえすれば、美肌を作ることは難しくありません。

しかし30代になると、内側からの汚れというか、20代の時には感じなかった肌質の低下を感じることが多々あると思います。

 

その理由は明確で、ホルモンバランスの乱れが大きく関係してます。

 

30代に入ると代謝が徐々に低下することから、ホルモンバランスも崩れやすくなります。

内から美を追求していく上でホルモンバランスについて理解し、改善を図る方法が一番合理的だと思います。

 

内側から美肌を創る本質的な方法をお伝えしますので是非30代の方は実践されてください。

30代から肌荒れがひどくなる場合のケース

30代から起こる肌荒れの大元の原因はストレスです。

ただ、この一言だけで片付けてしまっては元も子もないので、「なぜ30代からの肌荒れにストレスが関わっているのか」もう少し詳しく解説します。

30代女性の約4割が「ほぼ毎日ストレスを感じる」と回答 「家計」「職場の人間関係」が要因

というデータがあるほど、30代女性は多岐のストレスにさらされていると言われていますよね。

 

  • お仕事での責任の増大
  • 若手とベテランに挟まれていることによるストレス
  • 育児
  • 家事

 

など生活に置いても仕事においてもストレスが掛かりやすい時期というのは明白です。

 

これは誰でもちょっと考えればわかることだと思います。

しかし、一つここであなたに問いたいのは、なぜ20代女性はある程度気合で乗り越えられるのに、30代になると、耐えきれずにそれが「肌荒れ」や「疲れやすさ」として外側に出てくるのか、ということ。

「単純に年だから!」という答えしか浮かばないのであれば、考えを少し改める必要があるのかもしれません。人生100年時代とも言われるいますが、30代というのはまだ半分も生きていません。それで年だから…というのはこの先お先真っ暗になりませんか?

僕もお客様には30代後半〜40代の方がもっとも多いですが、40代後半の方であっても元気ハツラツの方はたくさんいらっしゃいます。30代で歳のせいにするのはちょっと早いかなと思います。

 

では、なぜ30代特有の肌荒れやお肌トラブル、疲れやすさは起こるのか?

それは、血流の流れや質の悪さと副腎のパンクにあります。

 

一つひとつ解説しますね。

30代から起こる肌荒れの理由①/血流の流れや質の低下

人間は血液を介して酸素や栄養素を前身に運んでいます。

また血液を介して溜まったゴミ(老廃物)も回収しています。

 

しかし、不調を抱える30代女性の血液にはパワーがありません…

 

パワーが無いと栄養や酸素は全身に届けることができないし、老化の原因になるゴミを回収することもできないです。

 

これって、けっこうヤバイですよね?

 

美肌に効果があると言われているサプリメントを摂ったとしても、それが体内で使われなければ何も意味がないってことです。

 

だから、30代で不調を抱えている人ほど、いろんなサプリメントを試したり、美容液を活用していますがイマイチ改善しきれないのは、このためです。

 

30代から肌荒れが起こる理由②/副腎のパンク

ストレス社会のど真ん中にいる30代〜40代女性は常にストレスを受けている、ということは前述しました。

人間ストレスと受けると「抗ストレスホルモン」であるコルチゾールが副腎から分泌され、ストレスを対処しようとします。コルチゾールは副腎から分泌されるスーパーホルモンですが、ホルモンなので有限であり、ストレスが過剰に、そして長く掛かりすぎることによって副腎が疲弊し、コルチゾールの分泌は抑制されいます。

 

30代女性の謎の肌荒れは、コルチゾールで抑えていたストレスを抑制することができなくなった結果、体内のストレスや炎症を抑えられずに起こる、というのが2つ目の理由です。

 

takumi
副腎がパンクすると大変…

ストレスに対して向き合う力を失ってしまうということだからね。。。

 

美容や肌荒れ改善のためにもストレス対策がいかに重要か、ということが、ホルモンから分析することで見えてきますね。

 

30代からのナチュラルな美肌の作り方

ではどうすれば肌荒れを改善したり、もっと美容を高めることができるのかと言うと

 

  1. 血流改善
  2. ストレスケア(ホルモンケア)

 

です。

 

根本の改善こそが、30代が肌のコンディショニングを整えるポイントなので、それに向けて対策していく必要があるってわけですね。

 

本来の「内側からケア」というのはこういう意味です。

正しい美肌の作り方とは、根本改善が鍵です。

30代から始めるナチュラルな美肌をゲットするための食事改善

美肌において重要なのはやはり食です。

食事が荒れていて肌が綺麗なのは20代まで。

30代からは顕著に差が開いてきます。

 

人間は食べたものでできています。

お菓子を食べればお菓子で全身は作られますし、いい食事を食べればそれらの良い栄養素で体が構成されることになります。

 

30代からの美肌の作り方として重要な食事は5大栄養素のバランスです。

 

最近だと糖質を抜く糖質制限が流行っていますが、肌荒れを改善したり美肌を作るには糖質制限よりも「糖質管理」のほうが重要です。

 

確かに糖質の取り過ぎはよくない部分もあるので美容の面でも気をつけなければいけないですが、とらなさすぎもダメです。

 

毎食おにぎり1個ぶんくらいは糖質量を確保するほうがきれいな肌が作られます。

 

たけぞう
でも肌を作る栄養素ってタンパク質でしょ?なんで糖質を摂ることが美肌に繋がるの?

 

 

これは、栄養素を体内で効率良く使うための戦略があります。

 

実は炭水化物(糖質)には栄養素の取り込みを促進する効果があります。

 

こちらの動画で詳しく説明しています👇

【食をアップデート】炭水化物を理解する#1〜太る炭水化物(糖質)って何?〜

 

糖質を摂取することは栄養吸収を促進し、タンパク質を有効活用するために超重要なので、美肌の作り方として、基本的に入れることをオススメします。

 

ここをやらないとどれだけ、肌の材料となるタンパク質を摂取したとしても、思ったより効果が得られないです。

 

そして、タンパク質の質を意識することも美肌には重要です。

20代までなら消化吸収能力も比較的高いので、そこまでタンパク質の質に意識する必要はありませんが、30代からは違います。

 

量ではなく質にシフト。

 

これが30代女性が意識していかなればならない食事のポイントです。

 

 

消化吸収能力は基本的に年齢に伴って落ちてきますからね…

 

今のうちから質を大事に食事してみてください。

 

例えば、女性らしい体を作ったり美肌を作るためには、大豆製品が推奨されていますよね?

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることから、TVや雑誌で推奨されている食材です。

 

これもタンパク源ですし間違ってはないですが、食事の効率・質を考えると豆だけでは不十分。

 

やはり良質なアミノ酸を含んでいるのは動物性食品であるお肉・お魚・卵!

 

これらの食材は脂っこいということで、年齢の増加にかけて避けられてがちですが、30代から極端に控えるべきではありません。

昔は食べられてたのに、今は食べられない…というのは消化吸収能力が落ちている証拠です。

 

肉・魚には代謝にビタミン類も豊富なのでしっかり食べましょう。

 

ここまで紹介したご飯(糖質)、タンパク質・脂質の摂取をしていくことが手始めにやってほしいことです。

何も野菜を食べることが美肌に繋がるのではありません。

 

ビタミン類をありったけ野菜から摂取してたとしても、糖質やタンパク質が不足していれば美肌に繋がることはまずありません。

 

バランスが大事っていうのはこういうことです。

正しい美肌の作り方②/肌荒れを防ぐストレスケア(ホルモンケア)

もう一つ、30代の方の肌荒れ改善としてお伝えしたいことは、食事におけるストレスケアです。

たけぞう
いやいや、毎日のストレスは避けられないし、食事でストレス発散しているから自由にさせてよ(笑)

 

そう思う人が大半だと思いますが、前述した食事の内容を整えたとしても、ストレスケアのための食事方法を実践しなければ、なかなか体質は改善しません。

 

食の習慣を変えていくことがかなり重要なので、しっかりと実践してほしいと思います^^

 

食事とストレスとの関係ですが

 

  • 過剰な糖分の摂りすぎ(お菓子、アイス)
  • 過剰な脂質(不飽和脂肪酸)の摂取

 

これらは、体内の炎症と高めたり、血糖値が急激に下がる低血糖を招くため、体はそれに対処すべく、常にストレスが抱えている状態になります。

特に30代〜40代女性に多いのが、パンやスイーツの食べ過ぎ。。。

20代からの食習慣を引き継いでいると、間食として甘いものを常につまんでしまう人が多いです。

 

質の悪い炭水化物(糖質)の大量摂取は、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌や闘争ホルモンであるアドレナリンの分泌を促し、常に体が緊張したり、イライラしている状態を作ります。

日常の仕事関係に家庭状況におけるストレスをゼロにする、というのは仕事をやめたりしない限り現実的ではないですが、さらにそこに過食が入ることで、どんどん副腎が疲弊していきます。

 

なので、ここで言うストレスケアとは、過剰な瀑食いや常時の甘い物の間食を避けることを指します!

 

ここで、私には無理だ−、と諦めるのか、実践するのかでは大きく肌質の改善にも関係してくるので、諦めずにやってみることを強くオススメします^^(たまになら間食もいいですし、良質な糖分である黒糖だったり、おにぎりなんかは間食としてもオススメです)

 

まとめ

ナチュラルな美肌を作るには魔法の方法は存在しません。

健康や美肌とは自分自身で創るものです。

何もしなくても変わる!といった近道などは一切ないと個人的には思っていますが、コツコツやれば目に見えて改善しているケースもたくさんあります。

そして「正しい美肌の作り方」には法則があるので、それに従ってコツコツとそして取り組むだけです。

 

そして改善できた人はこぞって言います。

「やってよかった」「最初はきつかったけど取り組んでよかった」と。

 

誰だってキツイこと、辛いことは嫌です。

でも、食事はやり方によっては楽しく取り組めるものであります。

今の取り組みが大きな差として40代、50代に出てきますので、是非肌荒れ改善や美容効果を高めたい人はやってみてくださいね^^

 




新着動画
新着動画

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。