美容のトレンド!ファスティングとローフードは相性抜群


こんにちは!城本拓実です!

最近の美容のトレンドはファスティングとローフード!東京都内を中心にローフード教室を開催したり、美容サロンの中にファスティングを取り入れたりするところも増えてきているようです。

ファスティングが美容に効果的!と言う内容は「断食3日間の効果をまとめてみたよ【美容効果絶大の5選】」で詳しく書いていますので、ファスティングの美容効果が気になる方はまずこちらから御覧ください(^^)

僕が実践して感じた断食3日間の効果をまとめとく【断食の効果12選】

2017.02.05

ファスティングはデトックス効果も高く、このサイトでもおすすめ!と紹介していますが、実はローフードも取り入れ方によっては、美容効果が高い食事法なんです(^^)

そして、ファスティングとローフードを組み合わせることで、さらにその効果が高まります!

ローフードとは

ローフードとは基本的に火を通さない食品を中心に食事をしていく食事法です。例えば、生野菜や生フルーツ、焼き魚よりも刺し身などを選択して食べていきます。

加熱を加えないメリットして、食品本来の「酵素」が壊れることなく食事をすることができます!

相当前の記事ですが「酵素の力」という記事の中に、酵素の必要性をご紹介しています。

「酵素の力」でも紹介しましたが、人間は代謝酵素と消化酵素を使って生命活動を維持しています。

そして「代謝酵素」を働かせることによって、内臓のケアをしたり、お肌の修復をしたりすると言われています。

POINTなので、若々しくいたいのであれば代謝酵素をたくさん働かせることが重要なわけです!

takumi
ローフードは酵素の力によって代謝酵素の働きをサポートします!

ローフードは消化酵素を節約する

「食べる」という行為は当然ながら、消化酵素を使って、お腹に入ってきた食べ物を分解していきますよね。

しかし、食べたものが消化に悪いものだったり、食べる量が多かったりすると、消化酵素もたくさん使わなければいけません。

takumi
酵素は熱処理や高温調理によって壊れてしまします。食べ物を消化するためにも酵素は必要なものなので、出来る限り外から補ってあげることが大切です!

ローフードは酵素をたっぷりと含んだ食事を中心にするため、無駄な消化酵素を使う必要がなくなります!

これがローフードが美容に良い!と言われている理由なんですね(^^)

ファスティング【断食】との相性は??

実はローフードと相性が良いのがファスティング!

ファステイングの考え方は非常にローフードと似ているです(^^)♪

ローフードは熱を加えない生の食材を中心に食べるため、消化酵素の節約を行い、体の活性化に必要な代謝酵素の働きを強める、と言うものでした。

ファスティングも原理は一緒です。

ファスティングは日本語で断食、というだけあってある一定期間、食を断つことによって代謝酵素の働きを最大限に高めることが狙いです。

また、消化酵素の働きを抑えることによって、体の核となる細胞の活性化を促し、代謝機能の改善や、妊活効果、ダイエット効果や美肌効果など様々なメリットを得ることができます。

あわせて読みたい厳選記事

凄いぞファスティング!妊活にも活用される理由
断食【ファスティング】でお肌トラブルを解消できる3つの理由
細胞内の工場を大掃除!ファスティング4日目の驚くべき効果

ローフードは非常に断食の狙いと目的が似ていることもあって、ファスティング前に準備食や回復食と組み合わせることがとても有効的です。

準備食としても活用できるローフード

ローフードはファスティングの準備食にも活用することができます。

ファスティングもいきなり明日から始めてしまうと、体の準備が整っていない状態なので、思ったように結果が出ない原因となってしまいます。

そこで準備食を摂るわけですが、準備食は基本的に高栄養価のものを中心に食べます。

ローフードもここに活用できるというわけです。

takumi
ローフードを使った準備食でおすすめなのは、グリーンスムージーです。新鮮な野菜やフルーツをカットしてミキサーなどで細かくジュースにします(^^)最近は低速ミキサーなども家電量販店で出回っているので、そういうものを使うと酵素を無駄に壊さず摂取することが可能になります。

ローフードはファスティングの回復食にも使える!

そしてもう一つ!ローフードはファスティングの回復食にも活用することができます。

回復食は断食後の食事をゆっくり元に戻していく食事のことです。「ファスティングで最も重要なことは回復食!復食が大切な3つの理由」でも書いているように、断食が終わった後の食事は、断食をすることよりも、とても大切なことです。

この期間にローフードを取り入れるとファスティングのやり方に幅が出ますし、ファスティングに慣れてきたら「次は◯◯のスーパーフードを使ったジュースを作って回復食に取り入れようかなー」と、よりファスティングが楽しくなります。

takumi
回復食の段階では基本、お肉お魚などの動物性食品はNGです。ローフード食には生くるみやナッツミルクも含まれるので、油分が物足りない時は、こういう食品を使うのも一つの方法です!

ローフードはやり過ぎに注意

今回紹介したローフードですが、ず~っと続けていくとなると、けっこう料理も拘って作らないと行けないし、時間のある人や料理に興味のある人でないと、ちょっと続かないかなーというのが本音です。

ローフードは男性よりも女性の方が取り組んでいる場合が多く、料理教室の先生や栄養学に興味のある人が行っているイメーが強いですね。

取り組みやすさでいうと△ですが、上手に取り入れると酵素の節約によって調子も良くなるし、ローフードは健康食の中でも良い手法だと思います(^^)

毎回ローフードでなければいけない!ということはないので、生活の中に少しづつ足して見る感じでローフードをプラスしてみると楽しく酵素生活が続けられます(^^)♪

takumi
ファスティングも一定の期間だからこそ頑張れるもの。「体に悪い」と分かっていても、世には美味しい〜と幸せにしてくるスイーツや飲食店がいっぱい!嗜好品も食べたいからこそ、たまにはファスティングでリセット!という気持ちで取り組むと、食事がガチガチにならなくて楽しいと僕は思います(^^)

まとめ

・ローフードは非加熱のものを中心に食べる食事法
・ローフードで酵素を節約
・ローフードはファスティングと相性が良い
・ローフードは断食の準備食、回復食にも使える
・ローフード、断食は楽しく生活に取り入れると良い




LINE@で分子栄養学の専門家・城本拓実と繋がろう

カラダの専門家である城本拓実の公式LINE@

月数回、LINE@でしか得られない限定情報を発信します。

  1. 正しいカラダの育て方
  2. 栄養を使ってカラダを整える方法
  3. 知っておきたい栄養学
  4. ファスティングについて

など限定公開動画やテキストにてお届けします!

福岡で活動する城本拓実のLINE@


新着動画
新着動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。