ファスティングやるなら抑えておくべき断食の5つのリスク

断食のリスク
こんにちは!城本拓実です!

最近は断食ブームということもあり、「断食がダイエットに効果的!」という宣伝や、「夏前にプチファスティングで体内をリセット!」という打ち出しをよく目にします。

もちろん、僕も断食は推奨していますし、良いものは確か。

しかし、何でもそうですが「リスク」は当然あります。

断食について無知の状態で初めてしまうと、とても危険な状態になったりしてしまうので、まずしっかり「断食のリスク」について知っておくことが大切です。

断食が良いものだからこそ、“ここは抑えておいて欲しい断食のリスク”についてお伝えしてみようかと思います。

知っておくべき断食の5つのリスク

ファスティング・断食のリスク

強烈な頭痛が引き起こる

断食をすることで強烈な「頭痛」を引き起こすことがあります。

断食の好転反応として、頭痛は代表的なものです。

 

はじめて断食する時に、頭が勝ち割れるくらいの頭痛が引き起こることもあります。

僕も初めて断食した時に頭痛に襲われました!

 

普段全く頭痛持ちでない自分でも頭痛がおこるリスクがファスティングにはあります。

頭痛が起こることで、仕事や家事に集中できない、生活がままならない原因にもなりかねないため、出来る限りこのリスクは回避しておきたいですね。

「断食時に起こる頭痛とその原因ついて【ファスティングの好転反応】」でも書いているように頭痛が起こる原因は薬の常用や炭化物のとり過ぎ、添加物のとり過ぎなども関係してます。

 

頭痛のリスクを下げるためにも、常日頃の食生活を整え、それから断食に入ることが望ましいですね!

 

takumi
僕はこのことも加味して、初めてファスティングを行う人は3日〜7日くらいは「準備食」の期間に当てたほうが良いかな?と考えています。準備食でリスクを軽減できるのであれば、取り組むんだ方が良いと思います!

強烈な眠気に襲われるリスク

ファスティング、断食の眠気によるリスク
ファスティング中は強烈な眠気に襲われることがあります。

最近はなくなりましたが、僕も断食をやりたてのころはものすごい睡魔に襲われていました。。。

 

断食中は低エネルギー状態になるため、体のオフモードに入ってゆっくり休みたいようです。。。

結果、「眠気」という症状として好転反応が出てきます。

 

大事な仕事やある場合や、自動車の運転がある方は、このリスクは絶対に覚えておかなければ行けません。

断食していて、事故を起こしてしまっては元も子もありませんからね。

 

僕の経験上、眠気のリスクは甘く見ないほうが良いです。もちろん個人差はあるでしょうが僕は「強烈な眠気」に襲われました!

目を閉じたら、そのまま寝るんじゃないか?っていうくらい眠かったのを覚えています。

 

「断食 眠気」で検索すると眠気の対象法として「カフェインを摂りましょう」と出てきますが、断食中のカフェインが体に及ぼす影響を無視してるような内容が見られます。

 

アフィリエイトサイトを運営していて、「酵素ドリンク」を売りたいために、眠気があっても大丈夫だからファスティングしましょう!なんて書き込みもありますが、実際に自分が何度もやった上で言っているのか?とかなり疑問に思います。

 

やっぱり断食にはリスクはある、まずここをしっかり抑えて下さい。

 

そして眠気は事故にも繋がりかねない。

このことをしっかり覚えておきましょう。

 

体温が上がり体調が崩れるリスク

ファスティング、断食のよる眠気のリスク
こちらは良い反面とリスク、両方あります。

断食をすると体温が上がることがあります!

先日、女性の方に断食を体験してもらいましたが、平熱35℃台の方が一時的に37℃まで体温が上がりました。

 

 

断食は血液の流れを改善したり、代謝の働きを整える効果があるため、ファスティング後に体温が上がるという例はいくつもあります!

 

これは良い反応でもありますよね(^^)

 

実際、体温が1℃違うだけで免疫は大きく変わってきますので、単純に体温が上がる、ということは免疫力のアップにも繋がるわけです。

 

そして、代謝機能が改善されることで、太りにくく、疲れにくい体になります。

 

しかし、今回この女性の場合、断食5日目〜回復食にかけて起こりました。

 

平熱が常日頃から低い分、熱っぽくてダルい、、、という症状に襲われ、仕事に支障をきたす恐れがありました。

 

こちらも、この体温の上昇はただの風邪」なのか「それともファスティングの効果」によるものなのかについて、あらゆる方向から考察し、ご指導させて頂きました。

 

結果、仕事に支障をきたすこともなく、さらにはファスティング後も平熱が上がった、ということで体調も良くなり、無事に終了したわけですが、こういったイレギュラーな反応も断食中にはあります。

 

断食に正解はないので、あらゆる角度から考察する必要があります。

 

何も知識がない状態だと、どうすればいいかわからなくなり、間違った対応を取ってしまうリスクもあります。

 

断食中の不調のリスクは意外と多いので「断食はメリットばかりではなく、そういう反応が自分にも起こるかもしれない」と心に留めておく必要があります。

低血糖のリスク

断食、ファスティングの低血糖によるリスク
ファステイング中は固形物を摂らないため、基本的にエネルギー不足の状態になります。

僕が推奨しているファスティングは必要最低限の栄養を確保しながら行う方法なので、栄養は随時入ってきますが、それでもやっぱりエネルギーは通常に比べると足りません。

 

この時に気を付けないといけないのが低血糖のリスクです。

低血糖は、体のエネルギーが枯渇することでおこります。

 

通常は「食事」を摂るため、すみやかに栄養素やエネルギー物質である糖質などが体内に貯蔵され、低血糖は解消されます。

 

ただ、断食では低血糖を防ぐ手段が「酵素ドリンク」しかありません。

酵素ドリンクは基本的に野菜や果物、野草などを砂糖につけて発酵させて作ります。

なので酵素ドリンクは甘いのですが、ここにも注意が必要。

 

低血糖を防ぐために糖を補給することは一つの方法なのですが、もし酵素ドリンクの質が悪かったりすると、血糖値がギューンと上がってしまい、逆に高血糖になります。

 

これにより、一時的に低血糖のリスクは解消され、体も楽になるのですが、血糖値は急激に上がれば、急激に下がるもの。

 

これにより『血糖スパイク』という現象が起こり、また低血糖に。

低品質な酵素ドリンクを使用することで何度も何度も高血糖と低血糖を繰り返すことに。

 

断食の狙いはダイエットではなく、体内に溜まった不要なものを排出したり、デトックスすること。

血糖値の乱高下はホルモンバランスを乱し、体を疲れさせるもとになります。

takumi
こういったことからも、「低血糖のリスク」「酵素ドリンクのリスク」も考えて断食のプランニングを行う必要があります。

断食によるリバウンドのリスク

ファスティング 断食でリバウンドした

ファスティングをダイエット目的で行う人の場合、目先の体重が気なるもの。

正直、どんな断食のやり方であっても基本的には体重は減ります。

食べてないんだから当たり前と言えば当たり前です(笑)

 

しかし、ファスティングは本断食が終わった後が何よりも大切です。「断食でリバウンドした時の理由と2つの効果的な対処法」でも話しているように、断食後の回復食に失敗するとリバウンドのリスクが高まります。

 

リバウンドのリスクを避けたいなのであれば、回復食の質や、断食への取り組み方が非常に重要になります。

 

「ファスティングで最も重要なことは回復食!復食が大切な3つの理由」でもお伝えしているように断食後の回復食は超重要です!

リバウンドのリスクを防ぎたのであれば、上記の記事も参考にしてみてください!

断食 リバウンド 理由

断食でリバウンドした時の理由と4つの効果的な対処法

復食 おかゆ ファスティング 断食

ファスティングで最も重要なことは回復食!復食が大切な3つの理由

リスクを減らすためには独学でやるのは止めましょう

ご紹介したように、断食は良い反面と、それに伴いリスクも兼ね備えています。

好転反応として出るリスクが多く、はじめて自分で断食をした場合、どのように対処したら良いのか、それともこの時点でやめるべきなのか、判断することは容易なことではありません。

断食は独学でやると危険というリスクがあります!

 

ファスティングやりたいという場合は必ず専門家の元で断食を指導してもらうようにしましょう!

takumi
断食を通して体を壊してほしくない!というのが僕の願いです!上手くやれば、効果も実感しやすい、短期で効果を得られる断食だからこそ、しっかりとした指導の元、非日常的な10日間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ファスティングのリスクについて少しは伝わったでしょうか?

リスクを確認したら次は“ファスティングのルール”についても理解を深めていきましょう!「ファスティングを安全に行うために守るべき5つのルール」に詳しく説明しているので、こちらも参考にして下さい。

 

・断食にはリスクがある
・強烈な頭痛に襲われることがある
・強烈な眠気に襲われることがある
・低血糖でフラフラになるリスクがある
・リバンドのリスクがある
・断食をやりたいなら専門家に頼みましょう

 

 




LINE@で最新情報をお届けします!

LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。