断食でリバウンドする原因をかなり詳しく解説してみた

断食(ファスティング)するとリバウンドすると言われていますが、実際のところどうなのか気になっている人が多いようです。

 

僕も初めて断食(ファスティング)したときはめちゃくちゃ調べました(笑)

 

takumi
調べても調べてもいろんな意見が出てきて結局どの情報が正しいのかわからなくなってしまった経験がある(笑)

現在は断食を指導する側に回ったので、断食(ファスティング)したことによるリバウンド率などは、多くのデータを持っていますし、科学に基づいた説明ができます。

 

まじめな人ほど、真剣に調べてはいろんな情報に振り回されて、怖くなって断食を辞めてしまう場合が多いです。

 

断食(ファスティング)は予防医学という観点ではとてもおススメなのでほんとにもったいない!

 

ということで、この記事では断食を行うことによるリバウンドの実際とその対処法についてお伝えします。

断食でリバウンドするわけ

断食(ファスティング)でリバウンドしてしまう原因は、断食中にたまったフラストレーションの爆発が問題な場合が多いです。

たけぞう
よし!断食するぞー!って意気込んで初めて見たものの、我慢に我慢を重ねてしまうと一気に爆発しかねないということだな…

 

特に断食でリバウンドするのは糖質の摂取のし過ぎが原因が大半を占める。

たけぞう
断食が終わったら、ケーキ!

断食が終わったら大盛りパスタ!

断食が終わったら…

 

断食(ファスティング)の回復食で失敗する人の思考は大体こんな感じです(笑)

 

takumi
食べ物のことしか考えられない…というけど、まさにその状態だ!僕も断食で失敗するときは大体こういう思考(笑)

 

思考が糖質を呼び寄せ、脂肪を蓄えさせる原因になるわけです。

リバウンドの原因はを防ぐ回復食は

断食後の糖質を上手に摂取することが必要になるわけなので、僕も糖質対策になる「すっきり大根」を進める場合があります。

スッキリ大根とは
スッキリ大根とは断食後の回復食に用いるリバウンド防止用の回復食。

断食後に血糖値が変動しやすいおもゆやおかゆではなく、食物繊維の塊である大根を摂取することで脂肪の蓄積を防ぐことができる魅力的な回復食。

スッキリ大根の詳しい情報はこちら👉「ダイエット断食(ファスティング)の回復食はスッキリ大根で決まり

 

断食(ファスティング)によるリバウンドを防ぎたいのであれば、かなり効果の期待できる回復食ですね。

 

体質によって合う合わないは当然ありますが、生理学的にも納得いく回復食だと僕は思います。

断食でリバウンドする本当の原因は理論ばかりで何とかしようとするから

しかしですよ、僕はスッキリ大根をだけでもリバウンドすることはあると思っています。

 

スッキリ大根は理論としては間違いない方法です。
カラダの中でこうなるから、こんな効果が得られて結果として太らないよね?って理論的にも説明が可能な回復食。 

 

しかし、それにも関わらず、断食でリバウンドしてしまう人がいます。

 

僕もなんでかなーっと考えましたが、原因がわかりませんでした。

 

でもある時、生徒さんを指導していて気づいたんです。

「理論は理論であって完璧に実践できるかは別の話だと」

 

takumi

僕がどれだけ生徒さんに、リバウンドしない回復食はスッキリ大根がいいですよーって説明しても、生徒さんの耳に全く入ってない場合がある。

 

頭の中は食事のことでいっぱい。

 

そんな理論なんてどうでもいいから、早く食べさせろ、と言わんばかりの表情をしている人もいます(笑)

 

そこでハッ!っとなったんですね。
理論はあくまでも理論であると。

 

糖質がリバウンドの原因になるから悪いのか?というとそうではなく、なんで糖質を欲してしまったのか?という部分を考えなければ、リバウンドを防ぐことは難しいということです。

結果に至った原因を追究することがリバウンドを防ぐ鍵

単純に食べ過ぎ、というのが断食(ファスティング)のリバウンド原因と思われているけど、どっちかというと食べ過ぎてしまったのは結果ってこと。

 

ほら、黒い曇り空を見たときに雨が降りそうな予感がするじゃないですか?

それで雨が降ったら、あーやっぱりね。ってなりますよね?

雨が降らなかったら結果オーライですが、それも結果だということ。

降りそうな予感がしたなら、傘を持って歩くとか、外出しないとかその段階で選択の幅は広がりを持たすことができたわけです。

断食(ファスティング)でリバウンドする人にも必ず、予兆みたいなものはあるんです。

 

「何か食べたい」というのは、頭が欲しているのか、あるいは脳が生理学的に欲しているのかで対応の仕方は違うということ。

 

 

takumi

頭(食事への欲求)で欲している人に、「あなたはエネルギー不足だから、もっと酵素ドリンクを飲んでね!」とか「エネルギー不足だから黒糖舐めて」というのは違うよね??

 

 

カラダ的には満たされているんだから、そこに酵素ドリンクを入れたところで空腹感は収まるわけがありません。

 

逆に脳が生理学的に体のエネルギー不足を感じ、空腹感を強めているなら、ドリンクの摂取量をとかでコントロールが可能ですよね?

 

その人のカラダがどうなっているのか、そのあたりを意識して回復食の選択をしないと成功率に大きく影響を及ぼすわけです。

 

予兆は思考の部分に強く表れてくるので、しっかり思考をコントロールした状態で断食に取り組むことがリバウンドを防ぐ鍵になりますね!

 

つまりは断食(ファスティング)によるリバウンドを防ぎたいのであれば、何を選ぶかというよりも、どういう気持ちで断食最終日を終えるか、あるいは回復食当日のメンタルコンディションを良好に保つことができるかが重要だってことです。

 

一人ではやっぱり難しいです。

 

自身がなければ断食施設で監視してもらうものありでしょう。

 

でも、断食道場に行かずとも、自宅で自己コントロールをしてリバウンドを防いだらすごくないですか??

 

自分をうまくコントロールできたという自信と、食欲に打ち勝ったという実績ができます。

 

これは、その場の断食の成功だけでなく、これからの体質改善や健康増進のモチベーション向上に大いに役立つこと間違いないです。

 

自分をコントロールできる人が、健康にもストイックに取り組めるし、結果を出すのも早いです。

 

あなたが真面目にコツコツと健康増進に取り組めるのなら、僕はそんなあなたを全力で応援します^^

 

今だけ限定でライン@で無料相談も行っているので、是非そういう人は活用してみてくださいね!




LINE@で分子栄養学の専門家・城本拓実と繋がろう

カラダの専門家である城本拓実の公式LINE@

月数回、LINE@でしか得られない限定情報を発信します。

  1. 正しいカラダの育て方
  2. 栄養を使ってカラダを整える方法
  3. 知っておきたい栄養学
  4. ファスティングについて

など限定公開動画やテキストにてお届けします!

福岡で活動する城本拓実のLINE@


新着動画
新着動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。