ファスティングドリンク・マナ酵素を徹底レビューしてみた【保存版】

こんにちは。分子栄養学の専門家・城本拓実です

 

断食指導をしていると

たけぞう
オススメの酵素ドリンクってなに?

 

って質問をよくいただきます

 

一番、オススメしているのはオンライン断食道場で使用する「カラ酵素」ですが、マナ酵素もミドル級の商品で、価格もカラ酵素よりも安いのでオススメしています

 

この記事ではこのページを見ればマナ酵素のすべてがわかる!というのような内容を本日は書いていきたいと思います。

takumi
この記事を読むことで、どうしてファスティングをする時に、マナ酵素についてと品質の良い酵素ドリンクを使う必要があるのか理解することができます

マナ酵素とは

ファスティング マナ酵素
マナ酵素とは、『乳酸菌発酵ドリンク』と言われ、ファスティング(断食)をする時のために専用に作られたドリンクです。

 

『酵素ドリンク』という呼ばれ方もしています。これから紹介していきますが、マナ酵素にはビタミンやミネラルがしっかり含まれているほか、50種類と超豊富な乳酸菌がたっぷり含まれているのが特徴

 

プチ断食など軽い断食であれば、ずっと低エネルギー状態が続くわけではないので、例え水で行ったとしても危険性というのはそこまでないです。(筋肉は確実に減りまし、効果は保証できません)

しかし、本格的な3日以上の断食(ファスティング)となるとそれなりに腎臓、肝臓にも負担がかかります。

 

その時に、腎臓肝臓の機能をサポートしてくれるのがマナ酵素です

マナ酵素の成分表

酵素ドリンク・マナ酵素の商品について
マナ酵素の成分
マナ酵素は約60種類のハーブ、野菜、果物と約50種類の乳酸菌、酵母等で発酵熟成されたドリンクです。それに加え、L−カルニチン、MSM、マグネシウム(Mg)、パパイヤ酵素が含有してあります。

妙高山でとれたこだわり農法で作られた野菜、果物、ハーブをフンダンに使っています♪そして何と言っても乳酸菌の量が50種類!!これは通常では考えられないほどの種類です。

マナ酵素は原液が100%

マナ酵素のすごいところは原液が100%のところ

 

これは酵素ドリンクの色を見るとよくわかります▼
酵素ドリンク・マナ酵素の飲み方こちらがマナ酵素

 

計量カップに移して写真を撮ってみたところ、ドス黒い色をしていることがわかります。これは発酵期間も去ることながら、原液を100%使用している証です。

しかし、他社の酵素ドリンクも原液100%なのでは?と疑問に思った方もいらっしゃると思います。

実際に他社の製品でも100%原液を謳っているところはあります。

表示義務のカラクリ
しかしこれには、表示義務のカラクリがあるので注意が必要です。

というのも、こういう酵素ドリンクと呼ばれるものを作る時、原液100%の液体を水に1滴たらしただけでも100%と表示しても良いのです…

だから、例えその商品が原液が1滴しか入っていない商品だったとしても『原液100%』と謳って良いのです…

 

とてもひどい話だと思いますが、表示義務として許されていることなので仕方ありません。

 

そんなときはまず、色を参考にしてみると、かなり酵素ドリンクの良し悪しを精査できます
酵素ドリンク お嬢様酵素 

こちらは某酵素ドリンクですが、かなり色が薄いことがわかります。

これくらい色に違いがあります!かなり違いますよね!

そして、何か添加されたような色をしています。

このように本当に原液100%なの?という商品も多いです

現役100%の商品はマナ酵素のようにどす黒い色をしていますので、良いファスティングドリンクを選ぶ方法として覚えておくと便利です

マナ酵素のこだわり/発酵熟成

マナ酵素の特徴の一つの中に50種類以上の乳酸菌を含む、というものがあります。

 

50種類の乳酸菌』というのはとても多いです。

 

なぜなら菌同士が共生できるかどうかは1年間かかってようやくわかるからです。

 

共生というのは簡単に説明すると『節度を持って菌同士が仲良くできるか』です!50種類というと…つまり50年近くの歳月が必要ということになります!!

 

 

50年です!!つまりマナ酵素の原液の下のなっている酵母菌にはなが~い歴史があるんですね。

 

takumi
僕もファスティングにハマってからは『自分で酵素ドリンクって作れないかな?』と考えたことがあります(笑)

野菜はあの土地の有機野菜を使って…と自分勝手に妄想を膨らませてみましたが、50年の歴史を聞いた時に、これは勝てないな…と完全敗北を認めました(笑)

 

また、菌はやはり『生き物』ですから、あれもこれもと一度に欲張って入れることはできないです

じっくり丁寧に菌の相性を見て精査していく必要があります。

POINTマナ酵素は菌の選定基準も厳しいです!マナ酵素の菌の乳酸菌の選定基準は『熱に強い』『パワフル』です。

 

 

いくら良い菌が入っていたとしても、現在の日本の法律では必ず熱処理をしないといけないため、菌が死滅してしまっては意味がありません。

 

 

通常、菌は50℃以上になると変性がはじまり、60℃くらいになると死滅してしまうと言われています。

 

しかし、乳酸菌の中には熱に強いタイプのものもあり、それらをマナ酵素は中心に使っています。

 

そして、実際に50種類同士の菌同士を共生させることで『鍛える』ということを行います。

 

先ほども言いましたが、菌は『生き物』です。人間と同様、当然上下関係があり、弱いものは干されるという弱肉強食の中で生活をしています!

 

そのため、いつ食われてもおかしくない環境下で生活しているため、『競争』が生まれるわけです(^^)

 

マナ酵素に含まれる乳酸菌にとって、発酵期間というのは『修行期間』でもあるんですね♪

マナ酵素は切磋琢磨して強力にレベルアップした菌だけが生息しているドリンクなのです!!

 

だから、元から熱に抵抗力がある中でさらに修行を受け、強くなり熱や胃酸にも耐えうる菌を含んでいるということ

 

takumi
それを考えて作られる酵素ドリンクって他にあるのかな?と思うくらい、こだわり抜かれた酵素ドリンクだと思いますし、これだけこだわっているからこそ、自信を持って他の人に紹介でいる商品だなーと思います(^^)♪

『腸内細菌』に関しては最近メディアでも取り上げられ、健康づくりにも、ダイエットにも『腸内フローラ』というキーワードは外せないものとなりました。

 

腸内フローラの餌となる力強い植物性乳酸菌を効率よく摂取できるマナ酵素は、健康にもダイエットにも万能に効果があるドリンクだと言えますね!

 

マナ酵素は芸能人やプロアスリートも使用している

マナ酵素は、芸能人やアスリートからも愛用されている商品です

マナ酵素の商品開発には山田豊文先生が監修しているため、一気に芸能界、アスリート界でも注目を浴びるようになりました

 

楽に断食できる、ということで特にプロボクシングの選手や競輪の選手に人気があります

takumi
階級があったり、減量を求められるスポーツにはミネラルファスティングの相性は抜群!

オフシーズンになると、プロ野球選手やサッカー選手もミネラルファスティングを行っている場合が多いですね

 

日本を代表するプロ野球選手・DNAの筒香選手も山田先生の指導の元ミネラルファスティングを行っています👇

さらに、ストイックな筒香はオフシーズンに1週間断食もするとのこと。昨年12月にチームメートの嶺井博希が結婚式を挙げた際も、用意された料理にはほとんど手をつけなかったというほどの草食&ストイックぶりだ。

一方、超肉食の山川の行きつけは、大学時代に通い詰めたという岩手・花巻市のお店。ここ大盛りの肉炒め定食に加え、裏メニューである辛さ最高の満州にらラーメン、さらに大盛りご飯と、ボリュームたっぷりの食事を味わっていた。また、家では“出来高制度”で、ホームラン1本ごとにステーキ肉が1枚加えられるという。

そんな「肉食スラッガー」だけに、筒香の断食エピソードを聞くと、山川は「え?そうなの?」と驚き。「体をリセット」すると明かした筒香に対し、自身は焼肉でおごってもらえるなら「ラストオーダーでもう1回全部」を頼むほどだと笑った。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/15014522/

 

山田豊文先生とは

山田豊文先生って誰?って方に説明すると、山田先生は『栄養学の父』的な存在の方です。
マナ酵素の開発者

プロフィール
・杏林予防医学研究所 所長
・米国公益法人ライフサイエンスアカデミー 理事長
・日本ミネラルファスティング協会 理事長
・日本絶食療法学会、国際微量元素学会、日本微量元素学会
・日本ビタミン学会、日本農芸化学会 各会員


研究者なのですが、細胞から体を分析することに力を入れていらっしゃる方で、アスリートの栄養指導に多く当たっている方です。

身体能力が素晴らしくても『栄養学』には苦手意識の多いプロアスリートの方の信頼を得ています。

 

その他、アスリートでは横峯さくらさん、新庄剛志さん、ダルビッシュさん、EXILEのアツシさん、相撲の白鵬さんなど、超有名アスリート、芸能人の栄養指導、断食指導をされている方ですね

この山田先生が監修した酵素ドリンクということだけあって、分子栄養学が詰め込まれた商品でもあります!

 

断食の専門家でもある山田先生が、断食(ファスティング)を科学し、必要な栄養素を1ミリ単位で調整して作られた商品がマナ酵素というわけです。

マナ酵素にはダイエット効果を高める成分が入っている

マナ酵素にはL−カルニチンが含有されています。

 

L- カルニチンは脂肪燃焼効果があるため、ダイエットしている人には嬉しい成分です。

 

ミネラルファスティング中は通常の20倍〜100倍ほどのケトン体が出ると言われています。

ただでさえ、ダイエット効果は期待できるミネラルファスティングですが、L−カルニチンが入っていることによりさらに脂肪燃焼を期待することができます。

実際これは僕がマナ酵素とカラ酵素を取り入れながらファスティングした時写真です↓
マナ酵素 ファスティング 効果

 

takumi
このときはブヨっとした体を引き締めるべく、14日間のロングファスティングにトライしたときの写真です。14日間してどうなったのかというと…

 

見ての通り、しっかり引き締めることができました!

 

14日もファスティングして大丈夫なの?と思った方も安心してください。

 

本物の原液100%のドリンクとサポートアイテムを使っていると、安全にできてしまいます

takumi
実際、10日くらいで止めてもよかったですが、あまりにも体が軽かったので2週間続けちゃいました(笑)

肌もスベスベ、ツルツルになりミネラルファスティングの効果をホントに実感できた体験でした!

 

マナ酵素やカラ酵素を使用した効果的なミネラルファスティングのやり方については「断食のプロが完全解説!断食の正しいやり方と16の全手法【保存版】」にまとめています

その他L- カルニチンの効果・効能

マナ酵素に含まれるL−カルニチンの効果はダイエット効果だけではありません。

L−カルニチンのその他の効果は以下のとおりです

①疲労感を和らげる
②不妊の改善
③脳内でアセチルコリンとなり脳の活性化
 
takumi
L−カルニチンは代謝を促進するために、必要な栄養素!
 
ATP産生を高める作用があり、エネルギーを作り出すこを促進するよ!
 
 
不妊の主な原因としてはミトコンドリア障害が挙げられます
 
 
 
 
 
エネルギー産生(エネルギーを効率よく作り出すこと)が高まると、ミトコンドリア障害も改善が期待できます
 

 

デトックス効果の高いMgが配合

上記でもお伝えしたように、マナ酵素はロングファスティングにも適した商品です。

 

5日間くらいでも十分にデトックス効果のある断食(ファスティング)ですが、当然デトックスが体内で行われているということは、体内の排毒作業がガンガン行われているということ。

 

老廃物を出すことはとても大切です

私たちは、『老廃物を出す』というときに、『排便、排尿』という形で外に出しますよね

 

それと同じく体内で蓄積された有害金属や代謝を乱す添加物などは、肝臓、腎臓で適切に処理されます

 

しかし、肝臓や腎臓は『沈黙の臓器』とも言われています。

デトックス効果の重要性

その理由は、どんなに忙しくても、泣き言一つ言わずせっせと働いてくれるから

生活スタイルによっては内臓器官は夜も休む暇なく、働いてくれているんですね(^^)だから僕たちは健康でいられるのです。

チェック!

ファスティング中はあり得ないスピードで解毒が行われるため、当然内臓器官にも大きな負担がかかります。
ほっておいても、いつものようにせっせと働いてくれますが、当然働きは悪くなるためデトックスするスピードも下がります。

また、逆にファスティングすることで腎臓器官が耐えられなくなり、腎臓を炒めてしまう原因にもなります。『水断食が危険だ』と言われているのはこういうところからも来ています。

実際、僕も間違ったファスティングをした時、2日目くらいから腎臓が痛くなった記憶があります。

 

痛いというか、なんか腫れている感じ。おそらく負担がかかったことでパンパンに膨れ上がっていたんでしょうね。。。ホントに体に悪いことしました。

 

逆にファスティング中だからこそ、内臓器官をいたわってあげる必要があるのですが、マナ酵素にはファステイング専用に作られたことだけあって、内臓器官の解毒をサポートする栄養素がぎっしり詰まっています!!

 

例えば、マグネシウム。マグネシウムは全身の代謝に大きく関わっている栄養素だけあって解毒時に大量に必要になる栄養素です。

 

どれだけ野菜や果物に拘っていても、マグネシウムやMSMが含まれてない商品はたくさんあります。これが酵素ドリンクに含まれているか否かで効果に雲泥の差が生まれます

MSMの効果・効用

マナ酵素の成分表の中に含まれている一つ。

MSMも実は多くの役割があります。

①有害ミネラルを排出
②コラーゲンの合成を助け新陳代謝を促進
③血糖をコントロールする
④関節痛や膝の痛みの低減
⑤炎症の抑制

 

MSMとは(メチルスルフォニルメタン)といい、 天然の有機化合物です(^^)パインの樹皮に含まれる成分です。

有害ミネラルを排泄

MSMには解毒作用があり、デトックスのお手伝いをしてくれます。

Mg同様、排毒には欠かせない栄養素なので、臓器への負担を減らすことにも貢献します。

コラーゲンの合成を助ける

ファステイングを行う目的は『細胞の活性化』があります。

 

そのため、新陳代謝を活発化にすることがとても大切なのです。

 

マナ酵素に含まれるMSMは新陳代謝を促進する効果があり、細胞の生まれ変わりをサポートします。

 

細胞が生まれ変われば肌もきれいになります

 

関節痛や膝の痛みの軽減

コラーゲンの合成を高めることからも関節痛などの痛みを軽減する作用があることがわかっています。

炎症の抑制

体内では絶えず炎症が起こっている場合がほとんどです。もちろん炎症は体の悲鳴。おかしくなっている箇所があるから『痛み』として我々にお知らせしてくれます。

しかし、このお知らせに対してほったらかしにしている場合が多ですよね^^;

 

それが、怪我の悪化、病気の発症へとつながっていきます。
早い段階から炎症を抑えることが非常に重要ですが、MSMには炎症抑制効果があることがわかっています。

血糖値をコントロールする

これはファスティング時はとても重要な働きです。

 

どうして何も固形物を食べてないし、カロリーの摂取自体も少ないのにお腹が空かないのかというと『血糖値が安定』しているからです。

よくお菓子をさっき食べたのに、すぐにお腹が減った。ドンドン食べたくなる。という経験をしたという方は多いのではないでしょうか?

 

絶対カロリー的には足りているのにおかしいですよね。それは血糖値の乱高下に問題があります。

 

血糖値が上がることで、体は『満腹信号』の司令を受けるのですが、糖質のとり過ぎや、精製された食品の摂取では血糖値が急上昇するため、今度は血糖値を下げるためにホルモンを分泌します。

すると今度は急降下するため、「すぐにお腹が空く」ということに繋がるわけです。

断食(ファスティング)のデメリット

こういうことからも『血糖値の安定化』は非常に重要です。

 

マナ酵素に含まれるMSMの最大の効果として『血糖値』を安定化させてくれることです(^^)

 

酵素ドリンクは基本的に野菜は果物を砂糖で発酵させるため、単純にGI値で見れば『高GI食品』になります。

 

しかし、マナ酵素の場合、1年という発酵期間を得ているので、血糖値を急激にあげる糖分が分解されていること、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているところ、野菜、果物にも拘っており栄養価が高いところ、MSMの効果などによりGI値の急上昇が抑えれます。

 

マナ酵素の摂取後はゆっくりとGI値があがり、すぐに脳内のエネルギーとなるため、『食べてないのに空腹が少ない』ということが体験できます(^^)

抗酸化力が高い青パパイヤを配合

マナ酵素の成分 青パパイヤ

マナ酵素の成分として『青パパイヤ』が含まれて入ります。この青パパイヤにもすごい効果があります。

 

マナ酵素に使う青パパイヤは奄美大島で取られます
自然の太陽エネルギーを十二分に含んで育った青パパイヤです

青パパイヤの効果

青パパイアの効果として『強い抗酸化作用』があげられます。

 

takumi
体のサビと言われる『活性酸素』を除去するにも抗酸化力が優れたものをファスティング中に摂ることはとても大切です。体のサビとなる原因を除去、抑制を抑え、体の機能を整えてくれる効果があります。

 

また、マナ酵素のような発酵させる時に使用された青パパイヤには『放射線防御効果』があると言われています!

これも抗酸化と似た作用ではありますが、人間の免疫力自体を向上させる効果が期待できます!

気になるマナ酵素の飲み方とは

長きに渡り、マナ酵素の効果効能をお伝えしてきたわけですが、いったいどのような飲み方をしたら効果ででるのか気になるところだと思います。こちらについても一挙大公開したいと思います(^^)

マナ酵素を使った正しいファスティングのやり方

2016.09.24

半日断食をする場合

マナ酵素は本格的なファスティング以外にも『半日断食』と呼ばれるプチ断食時にも使用することができます。

 

本格的な断食をしてみたいけど、外食の予定が詰まっていて、日程調整が厳しい、長期的なファスティングをする前に、自分でもできるのかちょっとだけ体験してみたい!という方におすすめの方法になります。

 

プチ断食では1日30mlを目安として飲むと良いかと思います。マナ酵素を飲む時間帯ととても大切ですね!

おすすめは朝か夜です(^^)

半日断食の場合だと、朝か夜かをドリンクに置き換えることで実施が可能だからです。

 

例えば、朝プチファスティングの場合、【朝:マナ酵素30ml→昼:通常食→夜:通常食】というような流れになります。夜なら【朝:通常食→昼:通常食→夜:マナ酵素30ml】と言う感じです(^^)

 

置き換えファステイングは簡単にできてしまうので、結構おすすめですよ♪

生活に定着すれば、ダイエットにも繋がりますし、腸内環境の改善にも効果的な方法です

 

3日ファスティングをする場合

3日以上のロングファスティングをする場合、酵素ドリンクの量と一回の摂取量を意識することが大切です。

本物志向の人に手にしていただきたい商品

いかがでしたか?今日はマナ酵素の魅力についてお伝えしてみました!

 

当ショップでも取り扱っているマナ酵素について知って頂けると僕も嬉しいです(^^)

今回、マナ酵素をゴリ押しさせて頂きましたが、僕はこの商品を特に『本物志向』の方に手に取って頂きたいと思います。

 

というのも、マナ酵素は断食の補助食品であって、マナ酵素で体が治るわけでも脂肪が燃えるわけでもありません。

 

自己免疫を上げて、自分の体を修復するのも、脂肪燃焼のスイッチを入れて痩せるのも、全部自分の体が行うことです。

確かにマナ酵素よりも価格の安い酵素ドリンクはたくさんあります。

 

その商品を特に否定する気は毛頭ありませんが、添加物の問題、発酵の問題など『商品の質としてはどうかな』と思うものがあるのも確かです。

 

実際、その安い酵素ドリンクを使ったとしても、添加物の害がすぐに出るわけではないですし、我慢すれば空腹だって乗り越えられるかもしれません。

 

人によっては安いものと高いものの品質の差を感じないこともあるでしょう。

 

しかし、必ず添加物は蓄積していますし、長期的に見た時に体に害があることは明らかです。

 

そういうことも知っていて、激安の健康食品を選ばれるのであれば、それはその方の選択なので問題ないのですが、もし『本物の酵素ドリンクを探している!』という本物志向の人であれば、マナ酵素はオススメできる商品かと僕は思っています。

本物志向の方や長期的に見て『腸内環境』から体を本当に変えていきたい!と思っている方に手にして頂きたい商品です(^^)♪

 

最後にマナ酵素やその他ファスティングアイテムを使ってミネラルファスティングをされたお客様の声を掲載していますので、よければご覧になってみてください。

マナ酵素の評判は?

下にマナ酵素を使ってファスティングされた方のお声を並べています

これは実際に、「「断食道場に行かない」オンライン断食道場」のサービスをご利用頂いた方のお声です

補足

このときはマナ酵素のみで断食をしてもらいました

現在はカラ酵素と併用することで、さらに安全に効果的な断食をすることができるように改良しました!

ファスティング5日間の口コミ・断食の効果ファスティングドリンク通販店舗マナ酵素Style お客様の声 口コミマナ酵素Style お客様の声 口コミ

マナ酵素をいち早くお届けするために

マナ酵素は当ショップで扱っていますが、在庫がある場合は注文日の当日か翌日の午前中までに発送することを心掛けています!

また、当ショップで購入するマナ酵素は正規品になります

 

間違っても偽物は届かないので、安心してくださいね^^

 




LINE@で分子栄養学の専門家・城本拓実と繋がろう

カラダの専門家である城本拓実の公式LINE@

月数回、LINE@でしか得られない限定情報を発信します。

  1. 正しいカラダの育て方
  2. 栄養を使ってカラダを整える方法
  3. 知っておきたい栄養学
  4. ファスティングについて

など限定公開動画やテキストにてお届けします!

福岡で活動する城本拓実のLINE@


新着動画
新着動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。