筋肉の修復を高める!断食と筋トレでキレッキレの筋肉を手に入れる

断食と筋トレ

フィットネスクラブや24時間ジムに通って筋トレしているけど、思うように筋肉がつかない、肥大はしたけど引き締まりのない筋肉、カラダのキレがないとお悩みの人っていませんか?

せっかく頑張って仕事終わりにジムに行ったり、休みの日を返上して筋トレに時間を当てているのに思うように、うまく筋肉がつかない…

これではとても悲しいですよね

 

筋肉が上手く育たない原因は当然、筋トレの内容やトレーニングの質が大きな要因を占めていますが、実は正しくリカバリー(筋損傷の回復)ができてない、ということも考えられます

 

筋肉はただ鍛えればいい、という考えは正直かなり古く、いかに機能性を獲得して、リカバリー(回復やメンテナンス)を高めながらトレーニングしていくことができるかが重要だと言われています

 

takumi
筋トレしてるのに、肩こりがある人、前屈ができない人、腰が痛い人って多いよね?

あとはかなり筋トレ頑張ってるのに一向に効果がでないとか…

 

こういう場合、オーバートレーニング状態(やりすぎ)にあり、筋繊維が固く、リカバリーも上手く言ってないことが想像できます

 

こういう人は一度、断食(ファスティング)でリカバリーを高めてあげて正しく代謝できるカラダを作ってあげることから初めて見るといいですよ!

 

実は断食(ファスティング)と筋トレって相性がかなりいい…

 

今日はそんなボディメイク時に筋トレと断食(ファスティング)を組み合わせる効果について話してみようかと思います

断食と筋トレの相性

断食(ファスティング)と筋トレの相性が良いのは前述したとおり、筋トレしてしっかり筋肉の成長を促すにはリカバリーが重要だからです

どれだけ筋トレしてもリカバリーがお粗末な状態だと、なかなか思うように筋肉は付きません

 

同じように筋トレして筋肉がしっかり付く人、つかない人ていますよね?

 

それはトレーニングの質に違いがあるのか、それともリカバリーができているかの違いで別れてきます

 

takumi
ほら、スポーツ系の部活してた人だったり、友達と筋トレしている人ならわかると思うけど、同じセット数、同じメニューをこなして、筋肉の付き方に差が出るのはおかしいよね?

だから、筋トレはやればいいってわけじゃなくて何度も言うよにリカバリーを高めることた重要なんだ

 

ということで、筋トレ後はしっかりと飯を食うことが重要です

 

takumi
いやいや、当たり前すぎるだろ…と思われそうですが、意外とここができてない人がいます!

筋トレしてるんだけど思うように筋肉がつかない人は、トレーニングの質と並行して食事を見直すことからやってみてね

 

とまぁ、当たり前すぎることをつらつら書いているのですが、食事だけのリカバリーだと限界があります

 

人間の体を工場だとイメージしてみてください

断食と筋トレ

工場っていろんなものを製造して生み出すための場所ですよね?

 

人間で例えるなら、代謝という過程を踏んでエネルギーを作り出したり、タンパク質を合成したり、そんなことが「人間工場」の中で行われています

 

通常通り、代謝が行われているのであれば日々、新しいタンパク質は作られ、結果として筋肉も生まれ変わっていくことになります

 

でもですよ、「人間工場」が何らかの原因でぶっ壊れたらどうでしょうか?

筋トレと断食(ファスティング)の相乗効果

 

工場内の機械が正しく機能しなくなり、作られるはずのタンパク質が正しく作られなかったら?

 

当然、筋トレしているのにもかかわらず筋肉の合成がうまくいかず、筋肉を付けることができません

 

筋肉が上手くつかない人は、自分自身の合成能力に問題を抱えている場合もあります

 

「年齢と重ねると筋肉がつきにくくなる」というのはこの合成能力の低下によるものでもあります

断食は人間工場を再建する

そこで登場するのが断食(ファスティング)

 

断食のプロが完全解説!断食の正しいやり方と16の全手法【保存版】」で紹介しているミネラルファスティングでは、人間工場を再建し、機能を向上させるオートファジーなる機能も備わっています

 

3日以上の本格的なミネラルファスティングをすることで、たんぱく質の再利用効率を向上させ、正しく代謝が行える体へと導きます

さらに、断食中に植物性乳酸菌を入れることで、腸内環境の改善を図り、普段の食事から得られる栄養素も正しく消化吸収できるようになる効果が期待できます

 

断食がなぜ腸内環境の改善や消化吸収をスムーズにするのかはという件はこちらに詳しく書いています

僕が実践して感じた断食3日間の効果をまとめとく【断食の効果12選】

2017.02.05

 

takumi
一見、断食すると筋肉が減るので、筋トレと断食(ファスティング)は相容れない組み合わせのように感じるけど、ムチムチゴリゴリの太めのボディービルダー並のカラダでなければ、断食することは筋肉をつけやすいカラダにすることができると言えるよ!

断食しながら筋トレすると筋肉のキレがでる

これは僕の実体験ですが、ミネラルファスティングを取り入れながら筋トレしていくと、筋肉にキレが出てきます

断食(ファスティング)ってやっぱり何といっても脂肪燃焼効果が高いんですよ!

 

通常では正しく代謝が行える人であれば、通常の何十倍ものスピードで脂肪が燃えていきます

 

筋肉のキレが増すのは、ある程度良い感じに体脂肪率が抑えられたとき

補足

3%とかそれくらいの体脂肪だと確かに超引き締まって見えるけど、それだと必要な脂質が不足している状態になりやすいので、体脂肪が抑えられるというのは10%~15%程度を指します(男性の場合)

 

 

これくらいの数字に体脂肪がなると、筋肉がキレッキレになってきます(笑)

 

この時で10%前後の体脂肪👇

断食(ファスティング)の効果と見た目

当時はそこまで筋トレしてなかったですが、それでもこのくらいまでにはいきます

 

ファスティング14日間やった後なので、グリコーゲンが普段よりも不足していることからも筋肉に張りがありませんが、その後糖質を回復食で入れていくことで筋肉の状態がさらによくなりました!

 

あわせて読みたい関連記事👉「断食14日間で激変!【画像あり】僕のファスティング体験談

 

これはやはり、断食と筋トレの組み合わせだからこそスピーディーに体験できるボディメイクの方法だと思います

ミネラルファスティング×筋トレはカラダが変わるスピード感が抜群!

通常の食事をしながらでも当然、栄養や食事の管理の仕方によって筋肉を残しながら筋肉を脂肪を燃焼していくことはできますが、やはり時間がかかるうえに数か月間しっかりと継続していく意志の強さが必要です

 

takumi

断食(ファスティング)の良いところは、圧倒的スピード力があるところ!

長いって言っても6日とかそのくらいの期間で終わっちゃいます!

 

その期間中というのは、そこまでハードな運動はできないですが、断食するときは断食に集中して、筋トレするときは筋トレに超集中する、そんな方法をとることができます

 

どのくらい筋トレに集中して筋肉を追い込むことができるか、というのはもちろん必要不可欠ではありますが、もししっかりと筋トレできる環境で、且つ断食も取り入れられるのであれば、面白いようにカラダが変わっていきますよ!

 

スピード感をもってカラダを変えたい人には「ミネラルファスティング×筋トレ」は非常のおすすめの組み合わせだと思います

ミネラルファスティングと筋トレを組み合わせる時に注意すること

ただ、断食と筋トレを組み合わせるときにはいくつか注意点があります

 

僕が一番に注意しているのことは「糖質の摂取頻度」ですね

 

断食中に糖質の摂取を行うことでたんぱく由来の糖新生をストップさせ筋肉分解を抑えることに繋がります

糖質はカラダに負担のかからない低分子化されたものを取り入れていくことが、断食中に無駄に筋肉を削らないようにするコツです

 

高橋克典さんが実践している酵素断食はミネラルファスティング!

2017.10.22

ファスティングドリンク・マナ酵素を徹底レビューしてみた【保存版】

2017.02.16

 

また筋肉分解をさらに抑えるために、断食中にはアミノ酸を取り入れると良いですね!

 

アミノ酸が筋肉の分解を防ぎ、無駄な糖新生を避けることができます

断食中の筋トレに気をつける

「断食×筋トレ」というテーマでお伝えしてしていますが、個人的には断食中の運動には気をつけたほうがいいと思っています

 

普段の筋トレであれば、筋肉を破壊して超回復させることで肥大を図りますが、それは食事があってこそできることだと思います

 

食事でのリカバリーによって筋肉分解を止め、合成を高めることが可能ですが、断食中は当然栄養摂取が少ないため、合成に傾けることは難しいと思います

 

takumi
僕自身、自分の体を実験道具として、ミネラルファスティング中に何度も筋トレを取り入れていますが、当然食べている時よりも力は出ない…

筋トレのパフォーマンスも下がるので、ぶっちゃけあまりオススメできないなって思っています

 

断食前日までしっかり筋トレで追い込んで、断食中はリカバリーに集中する、この組み合わせが一番しっくり来ています

 

普段からしっかり筋トレしている人であれば、断食(ファスティング)中にも筋トレを取り入れても良いと思いますが、普段から週間付いてない人は、ヨガとか有酸素運動とか別の運動を取り入れてることの方が安全性も高いです

 

あわせて読みたい関連記事👉「断食(ファステイング)中にやりたいオススメの運動10選まとめ

 

リカバリーを高めてコンディショニングを整える

いかがだったでしょうか?

断食×筋トレを組み合わせることで得られる効果について解説してみました

 

予には何を食べても筋肉が付く人もいれば何を食べても筋肉がつかない人もいます

 

それは「体質」とかぼんやりしたものではなく、自分自身のカラダの機能(細胞の中の汚れ、血液の状態、腸内環境など)に問題がある場合がほとんどです

 

筋肉がつかない人は、体質…だと諦めずに「筋肉がつかない理由」を探ってみてください

 

その体質を一から変える方法が食事であり、ミネラルファスティングです

 

リカバリーの高い方法を選択していくと、コンディショニングの向上にも繋がり、安定してパフォーマンスの高いトレーニングや生活レベルを高めることができますよ

 

 

▼ミネラルファスティングの正しいやり方はこちらの記事が参考になります▼

 

断食のプロが完全解説!断食の正しいやり方と16の全手法【保存版】」

 




ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。