断食(ファスティング)のダイエット効果を劇的に高める方法10選

断食(ファスティング) ダイエット 効果こんにちは!栄養学と断食の専門家・城本拓実です(@fasting_man

 

断食(ファスティング)はダイエット効果は非常に高い手法です。

 

正しい断食(ファスティング)をすることで、ダイエットも簡単にすることが可能。

 

しかし、「正しい」断食(ファスティング)の方法というのが大事になります。

 

断食(ファスティング)は食べない健康法のため、断食中はエネルギーが圧倒的に不足に。

 

間違った断食(ファスティング)のやり方だと、健康どころか逆に健康を害してしまう可能性があるので、断食のやり方には注意をしたほうがいいです。

断食(ファスティング)の効果とメリット

そもそも断食(ファスティング)とは、なにか、という説明をしておきます。

断食=食べない健康法

 

と言われており、食事を一定期間断つことによって、ホルモンバランスの活性化や脂肪燃焼を高めることで、体内に溜まった不要な老廃物を排毒する効果があると言われています。

 

次は具体的に断食(ファスティング)の効果を紹介します。

断食(ファスティング)の効果/味覚の改善

僕がいいなーと感じた効果の中に、「味覚の改善」があります。

味覚って変わるの?と思う人もいると思いますが、断食(ファスティング)するとマジで味覚が変わります(笑)

 

味覚が変わることで、その後の食品選択も変わっていくので、食生活の改善に繋がります。

断食は一過性のダイエット、という言い方もされているけど、僕の狙いはそこではなく、「細胞レベルで習慣を変える力」にあると思っています。

 

味覚が変わることで、食習慣が改善され、その後のダイエット効果も得ることができます。

 

あわせて読みたい関連記事👉「断食で味覚が変わる!五感の変化は想像以上に良い恩恵をもたらしてくれる

 

断食(ファスティング)の効果/ダイエット効果

食べない…というと「ダイエット」というワードが頭の中に浮かんでくると思います。

今まで一食も抜いたことない人からすれば、3日以上も食べないとかありえない…と思うのも当然の反応だと思います。

 

ただ、前述したとおり、断食(ファスティング)の脂肪燃焼効果は凄まじいものがあります。

 

断食中はケトン回路(ケトン体)により、カラダに蓄えた脂肪酸を分解してエネルギーを作り出しています。

 

つまり、これにより、カラダに溜まった不要な脂肪をガンガン燃やしているということ。

 

正しい断食の仕方で行えば脂肪はしっかり燃えていくのでダイエット効果も高い手法になります。

 

takumi
僕の場合、最長で14日間の断食をしたことがあるけど、とにかく脂肪燃焼の効果がすごかった…

細くなりすぎて、ちょっと引いた(笑)

 

あわせて読みたい関連記事👉「断食14日間で激変!【画像あり】僕のファスティング体験談

 断食(ファスティング)の効果/体質改善効果

断食(ファスティング)は、食べないことでカラダに一定の負荷を与える手法です。

それにより、カラダはストレスを感じるわけです。

 

筋トレをやっている人は知っているかと思いますが、筋トレって筋肉に負荷を与えることで、成長ホルモンや性ホルモンの分泌を促し、筋肉の成長を促す方法ですよね。

 

つまり、筋トレも「カラダにストレス」を与えて効果を得ているわけです。

 

断食も一緒で、カラダにストレスを与えることで、カラダを危機的状況に追い込み、ホルモンやミトコンドリア機能を活性化させる方法。

断食でデトックス効果を爆上げするホルモンコントロールの方法

 

カラダの土台から変化をさせることで、断食(ミネラルファスティング)は体質改善の効果も期待できます。

 

特に40代に入ると、ホルモンバランスの乱れやミトコンドリア機能障害から、不定愁訴を起こし、なんかカラダがダルかったり、フレッシュ感が感じられない…という人も多いですよね。

 

こういう人はカラダの土台から変化を与える「ミネラルファステイング」を取り入れていくことが、根本からカラダを変える上で効率が良いです。

 

40代 体質改善の方法

まだ間に合う!?40代女性が今すぐ体質改善に取り組んだほうがいい理由

アラフォー女性のダイエット方法

【40代から健康的に5キロ痩せる】アラフォー女性はこの3つを実践しよう

断食(ファスティング)の効果/美容とアンチエイジング効果

まだまだ、断食(ファスティング)の効果があります。

短期間で感じられる断食の効果として紹介したいのが、美容効果!

断食(ファスティング)をすると、めっちゃが肌がツルツルになります!

 

これを体験すると、いかに不要なものをカラダに入れないかが、美肌を保つコツなんだな〜と思ってしまうほど…

 

あわせて読みたい関連記事👉「【断食の魅力的な効果】顔が本気でツルツルピカピカになる!

正しい断食(ファスティング)のやり方

さて、いろいろ断食(ファスティング)の効果について紹介してきましたが、ダイエット目的にしても断食の効果を出すには「正しいやり方」が必須です。

 

断食(ファスティング)のやり方もたくさんありますが、ダイエットを促進させるには、ここで紹介している考え方のもと取り組んでいくことがいいと思います。

 

なぜなら、細胞レベルで理論が考えられており、且つエビデンスや実績があるから。

 

多くの人が成功しているファスティングメゾットなので、安心して実践することができる内容になっています。

 

やり方は「初心者が断食のやり方で迷わないための全8STEPまとめ【保存版】」にまとめていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

 

あわせて読みたい関連記事👉「断食のプロが完全解説!断食の正しいやり方と16の全手法【保存版】

 

 

断食(ファスティング)のダイエット効果を高める方法10選

さて、ここまで断食で得られる効用やダイエット効果について解説してきました。

上記で説明しているやり方で断食(ファスティング)をすれば、しっかりとダイエット効果を感じられる内容になっています。

 

でも、実はもっとファスティングダイエットの効果を高める方法がああります!

ここでは僕の実践ベースや指導ベースをもとに、効果が合ったものをまとめています。

 

takumi
僕は断食を通算20回ほど行っている。その中で得た経験を元に断食(ファスティング)でダイエット効果を高めるための方法をまとめてみたよ!

この方法を実践することで、断食中のダイエット効果を高めさらに体を引き締めることができます。

本来、断食(ファスティング)とはデトックス方法であり、ダイエットのためにするわけではありませんが、上手く活用することでボディメイクにも効果的。

 

断食を(ファスティング)して短期間でダイエットを成功させたいという人は参考にしてみてね。

断食ダイエットの効果を高める方法①/準備食は1週間前から意識する

断食(ファスティング)という方法を使ってダイエットをしようと思った時、まず取り組むことは準備食です。

補足

準備食とは断食(ファスティング)を行う前の食事のことを指す。文字通り、体内環境を整え断食に備え準備させるのに効果的な食事法。

準備食は主に和食を中心の内容構成となっている。

 

takumi
準備食にしっかり取り組むと代謝が上がり、ファスティングをしてもダイエット効果を発揮しやすくなるよ!

 

準備食は主に和食を中心に食事すると良いです。

 

こんな食材たち👇

ファスティングダイエット 準備食 

 

  • か👉果実
  • こ👉穀物
  • の👉ノージャンクフード
  • ま👉豆
  • ご👉ゴマ、ナッツ類
  • は👉発酵食品
  • や👉緑黄色野菜、食物繊維食
  • さ👉魚
  • し👉しいたけ、きのこ類
  • い👉芋
  • わ👉わかめ、海藻類

 

断食(ファスティング)ではこれらの食材を準備食として取り入れるのがオススメだ。

 

簡単なのは具だくさん味噌汁!

 

味噌汁だけでも

  • わかめ
  • 味噌
  • 豆腐
  • 野菜

 

など、ほぼほぼ準備食に適した食材を取り入れることできます。

 

準備食のメニューはビタミンとミネラルのバランスが整っていて、通常のダイエット時であっても効果を発揮するメニューです。

 

代謝を高めてダイエット効果を増やすのに効果的な食材ばかりなので積極的に取り入れよう。

 

あわせて読みたい関連記事👉「【準備食摂らないとかマジ勿体無い】断食の準備食はスタートダッシュの起爆剤

効果を高める方法②/2日前から必ず動物性タンパク質は抜く

断食前の準備食

断食(ファスティング)でダイエット効果を高めるために重要なことは、準備食の段階で必ず動物性タンパク質を外すということ。

動物性タンパク質は分解に時間が掛かってしまいます。

もし、仮に前日まで動物性タンパク質である「お肉」「お魚」を食べた場合、タンパク質の未消化が翌日にも残る可能性があります。

 

そうなると、タンパク質の処理に時間をかけないといけないため、断食本来の効果を発揮するには時間がかかってしまう。

 

ガッツリ脂肪燃焼も行えないため、ダイエット効果も下がってしまう…

 

takumi
しっかり脂肪を燃やしダイエット効果を最大にするためにも準備食におけるタンパク質の取り方に注意していこう!

断食ダイエットの効果を高める方法③/L-カルニチンを含んだ酵素ドリンクを飲む

断食(ファスティング)のダイエット効果を高める方法としてL-カルニチンを含んだ酵素ドリンクを摂ることが有効的。

 

L-カルチニンは簡単に言うと脂肪をエネルギーにする時に必要な栄養素。

 

takumi
L-カルニチン配合!と書かれた飲み物とか見たことがないかい?

L-カルニチンは脂肪を細胞の中に運び入れる「運び屋」としての働きがあるから、脂肪燃焼を促進しダイエット効果を高める。

 

一般的な認知から言うと、カロリーを減らしたから、脂肪が燃える、といったイメージが強いかと思いますが、体はそんんに単純な働きはしません。

 

takumi
単純に脂肪を燃やしてダイエット、と言っても体の中では様々な化学反応が起きているんだよね

 

正しく栄養素が運搬されて、脂肪を燃やす手伝いがあってこそ、ようやく脂肪燃焼は促進されダイエットに繋がります。

 

脂肪はミトコンドリア内で処理しないといけないことからも、移動が多くて大変重たい栄養素です。

断食(ファスティング)ではL-カルニチンなどの力を借りて、ダイエット効果を高めることは非常に有効的です。

 

ちなみにこちらの記事で紹介している酵素ドリンクはL-カルニチンをしっかり含んでいます👇

最強のファスティングドリンク「カラ酵素」の9つの魅力を語る

酵素ドリンク

ファスティングドリンク・マナ酵素を徹底レビューしてみた【保存版】

断食大エエッとの効果を高める方法④/ビタミンB郡を取り入れる

ビタミンBでダイエット効果

L-カルニチンに続いて断食中にビタミンBを取り入れるのも非常にダイエット効果を高める上で効果的。

 

ファスティング中にビタミンBを含んだサプリメントを飲むことでさらにダイエット効果を高めることができる。

 

多くの場合は、ビタミンBを入れなくても体重が落ちていくが、甲状腺機能の低下などで代謝自体が落ちてしまっている人は、積極的にビタミンBを補給することをオススメするよ!

 

takumi
ただ、注意点としては多くのビタミン剤のカプセルなどに添加物が使われているということ。

 

断食はダイエットにも効果的だが、本来の目的はデトックス。

体をキレイにしているのに添加物を体に取り入れるのは望ましくない。

ビタミンB群を補給する時はその点も踏まえて、安全なサプリメントを使うことが大切だね。

 

ちなみにこのサプリメントは僕も愛用しているサプリメント!

無添加などこだわって作られているのでおすすめ!

 

ビタミンBを取り入れることで代謝改善にもつながるので、断食でないダイエットをしている人にも是非摂り入れて貰いたい栄養素です!

 

あわせて読みたい関連記事👉「断食(ファスティング)中にサプリをとってはいけない2つの理由

断食ダイエットの効果を高める方法⑤/マグネシウムを取り入れる

マグネシウムでダイエット効果

断食中にビタミンB群にプラスしておすすめの栄養素がマグネシウム!

マグネシウムも実は代謝と密接な関係があり、代謝を高める上で非常に大切な栄養素です。

マグネシウムは解毒作用もあるため、断食本来の狙いであるデトックス効果を高める力もあるので、重要な栄養素。

正しい方法で解毒を促進しながら行なう断食(ファスティング)は3日間〜5日間ほどの断食であっても素晴らしい効果をもたらしてくれます。

あわせて読みたい関連記事👉「断食のプロが完全解説!断食の正しいやり方と16の全手法【保存版】

 

断食中にマグネシウムを取り入れると代謝を上げるだけでなく、便秘も予防してくれるスーパー栄養素!

 

デトックスは便から80%近くおこなう、と言われているようにデトックス効果を高めるには排泄排便はかかせません。

便秘であれば、本来のデトックス効果も得られない原因にもつながるので、マグネシウムを取りながら断食(ファスティング)することは解毒は排毒の面でも理にかなっています。

 

是非、断食時にもマグネシウムは摂ることをおすすめします。

 

マグネシウムと摂り入れることで、一般にいう「宿便」の排泄も手伝いますよ!

あわせて読みたい関連記事👉「断食後に出る宿便って存在する!?宿便の真実について語ります

 

ちなみにビタミンBと同様、普段のダイエット生活にもマグネシウムは効果的です。

 

takumi
マグネシウムに隠された力はたくさんあるので是非、下の記事も読んでみてね!

あわせて読みたい関連記事👉「マグネシウムでこむら返りが改善!マグネシウムの驚くべき効果5選

断食ダイエットの効果を高める方法⑥/断食中は運動を積極的に行う

運動でダイエット効果

断食(ファスティング)中はダイレクトで脂肪の燃焼が行われます。

1日過ごしているだけで通常では考えられないほどの脂肪が燃焼されるから断食はおもしろい^^

 

さらに断食(ファスティング)のダイエット効果を高めたいなら「運動」がオススメ!

 

運動は

  • 無酸素運動
  • 有酸素運動

 

と種類があるけど、僕は「有酸素運動」をオススメしています。

 

酸素をしっかり取り入れなが行なう有酸素運動はもともと脂肪燃焼能力が高いのでダイエットにも活用されていますよね。

 

これを断食中に行なうと、ガンガン脂肪が燃えて行くのでめちゃくちゃオススメ^^

 

また、断食中は摂取カロリーが低い状態での運動になるため、ある種の研究ではミトコンドリアが活性化する、という報告もあります。

 

脂肪を燃焼する場所はミトコンドリアといって、細胞内にある器官で処理するため、ミトコンドリアの数を増やすことはダイエットにも関係してきます。

補足

何をしても痩せない、ダイエットできないという人はおそらくミトコンドリア障害といって、ミトコンドリアが機能低下を起こしていることが考えられます。

ミトコンドリア機能障害があると、むくみの原因にもなります。

あわせて読みたい関連記事👉「40代からのむくみケア!辛いむくみを根本から改善する方法

 

そういう人は断食(ファスティング)でミトコンドリアを活性化させることで、本来のしっかり代謝できる体質を取り戻すことが出来るかもしれません。

 

症状のひどい人だと1回での断食(ファスティング)では難しいですが、根気強く2回、3回と繰り返していくことで、細胞が活性化して生まれ変わります。

 

この先ずーと機能低下を起こしたミトコンドリアを使用するよりも、しっかりと生まれ変わらせてダイエットや体質改善したほうが何倍もうまくいくと思います。

 

そのため、断食中に有酸素運動を取り入れて、ミトコンドリアを活性化させることは間接的にダイエット効果を高めることにつながるというわけです。

 

注意

断食中は低エネルギー状態になるので、激しい運動は危険です。断食を初めてやる方は軽めの有酸素運動から挑戦してみることをおすすめします。
 

 

有酸素運動の中でも特にオススメなのが「ニコニコペースでのジョギング」

 

補足

ニコニコペーストは軽く息が上がるくらいの強度で運動します。心拍数を上げることで高強度の運動になりますが、脂肪燃焼を考えた時に、激しい運動は長続きしないです。
隣の人と話せる程度の心拍数でゆっくりと運動を続けていくと、ジワジワと脂肪燃焼が高まります。
 

 

takumi
断食ダイエットとゆん酸素運動は相性がバツグンに良いのでしっかり取り入れてみるといいね!
断食中の運動と筋トレについて

断食(ファステイング)中にやりたいオススメの運動10選まとめ

断食ダイエットの効果を高める方法⑦/呼吸法

ダイエット効果を高める方法として、意外性ナンバーワンなのが「呼吸」です。

 

呼吸は自律神経をコントロールするのに有効的な方法であり、自分自身でコントロールしやすい方法でもあります。

 

takumi
自立神経に対して、指示をすることは出来ないけど、呼吸を通してコントールをすることはできる!

 

ダイエット時は適切に交感神経と副交感神経の入れ替えを行うことが必要です。

 

交感神経が優位な状態になればやる気ホルモンが活発になり、脂肪代謝も促進され、ダイエット効果を高めます。

一方、副交感神経が優位になれば、全身に血液を行き渡らせ、正しく細胞に酸素と栄養素を届けられます。

 

どちらがかけても行けないですし、どちらが優位になりすぎてもダイエットは上手く行きません。

 

takumi
自律神経は呼吸のやり方によってコントロールできる

 

  • 交感神経を優位にする→0秒で吸って1秒で吐く
  • 副交感神経を優位にする→4秒で吸って8秒で吐く

 

これを1分間〜2分続けるだけでも、自律神経はコントロールできます!

 

ダイエットと呼吸は無縁のようで関わりが深いです。

 

何より酸素は代謝する時に必要になりますし、ホルモンバランスによってもダイエット効果は変わります。

 

僕の行っているオンラインパーソナルでは、こういった呼吸法についてもお伝えをしています。

断食ダイエットの効果を高める方法⑧/インターバル有酸素運動

先ほど有酸素運動が断食時のダイエット効果を高めるとお伝えしましたが、断食上級者になると「インターバルトレーニング」がさらにおすすめになります。

 

インターバルトレーニングとは㉚秒間連続で運動を行い、㉚秒休憩。

これを何セットか繰り返していくことを指します。

 

普段のダイエットにもバーピージャンプは効果的な方法ですが、断食中はエネルギーが少ないのであまり激しくすることは出来ません。

takumi
僕も何度か限界までこのジャンプをやったことがあるけど、断食中のキツさは半端じゃない(笑)

ヘロヘロになります(笑)

これやってみてください👇

バーピージャンプ

 

  • 初心者→3セット〜5セット
  • 中級者→5セット〜7セット
  • 上級者→10セット前後

 

くらいを目標にやってみましょう!

 

インターバルトレーニングは脂肪燃焼を促進させるためのホルモンを活性化せる効果があるため、ダイエット効果が高い方法です。

くれぐれも、いきなりやりすぎないように注意して下さい!

断食ダイエットの効果を高める方法⑨/睡眠

断食中は正直何もしなくても、それなりに脂肪燃焼は進んでいるのでダイエットは促進されて行きます。

食っちゃ寝食っちゃ寝で太る、なんていいますが、

断食中は酵素ドリンクを飲んで寝るだけなので、何もしなくてもケトン体の分泌は高まり脂肪燃焼が進みます。

 

寝ることは、怠惰だ、、、と怒られそうですが、睡眠のダイエット効果は半端ないです。

 

人間寝ている時に体を修復したり、新しい臓器を作ったりしているので、睡眠がない状態だと、それだけで新陳代謝の低下を引き起こし、ダイエット効果を下げます。

 

睡眠を大事にして、早めに就寝するだけでも、夜更かしした人や睡眠が少ない人と比べダイエット効果が高まります。

 

断食中は睡眠の質もかなり高いので、そういう効果を感じながら断食してみるとまた違う楽しみ方ができると思います。

効果を高める方法⑩/半身浴

断食中は基本的に、尿や便と通してデトックスをしますが、半身浴することで、汗として体外に有害ミネラルを排泄することができます。

 

有害ミネラルが体内に残っていると、代謝機能が低下しているのでそれだけでも痩せにくくなる。

 

しっかりと、いろんな方法を駆使して有害ミネラルを排泄することを行っていけば必然的にダイエット効果も高まります。

 

半身浴は40分ほどの入浴を行なうのがおすすめ!

 

お風呂の中には岩塩を入れるなどすると、硫黄効果でさらにデトックスが促進され、ダイエット効果を高めます。

 

断食(ファスティング)時はリラックスした時間を作り、ゆったりと半身浴を行ってみてください。

 

ダイエット効果を高めると見た目もスッキリする

断食(ファスティング)ダイエットの効果を高めていくことによって見た目も理想の姿に近づくことができる。

 

断食はただ食べないから痩せるといった単純なダイエット方法ではない。

 

人間の生理学機能を見た時に、断食を活用すると効率的にダイエットできることは既に証明されている。

 

もしあんたが断食に興味があり、やってみたい、断食でダイエットをしたいと思うのであれば上記のポイントを意識してやるとさらにダイエット効果を高めることができるよ(^^)

 

せっかく断食(ファスティング)するなら、しっかり見た目も変化させてスリムな体形を手に入れてみてはいかがだろうか?

 

▼STEP形式で学べる断食の正しいやり方をまとめました▼

断食(ファスティング)のやり方

初心者が断食のやり方で迷わないための全8STEPまとめ【保存版】




新着動画
新着動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。