たった3日で−3キロ!?断食の驚くべき減量効果とやり方

こんんちは!
城本拓実です!

あなたはこんなお悩みはないでしょうか??

よくあるお悩み
・3日で痩せてワンサイズ下のお気に入りの服を買いたい!
・無駄な脂肪を落として、夏の海を水着で楽しみたい!
・アゴ周りの無駄な脂肪をとってコンプレックスである二重あごを解消したい!

いずれにしても、「最速最短でダイエットしてキレイなスタイルを手に入れたい!」というお悩みかと思います。

そんな上手い話しや方法はない、と言われていますが、これが出来てしまうのが断食です!

断食3日間の効果をまとめてみたよ【美容効果絶大の5選】」でも書いているように、断食は様々な効果あり、もちろん減量効果も期待できます。

断食を行うことで短期間でスタイルを変えてしまうことが出来るため、減量したい方にも人気がある方法です。

断食の減量効果がスゴイ!

まず最初に断っておきますが、断食の狙いは減量でもダイエットでも「デトックス」や「血液のお掃除」です。

注意
断食ダイエットを謳った商品がたくさんありますが、必ずその方法で「体をキレイに出来るのか?」について考えるようにしましょう!

例えば、「添加物入りの酵素ドリンクでも減量できた」という書き込みもありますが、本当の目的は減量ではなく、デトックスですよね。

食べてないんだから数字が減るのは当たり前。しっかり体をキレイに出来る商品なのかを見定めることがとても重要です!

減量はオマケなようなものですが、正しくファスティングを行っていくことで、かなり豪華なオマケが付いてくるのが断食の良いところです!

3日という短期間であっても、かなり効率的に減量することが出来ます。

断食中の脂肪燃焼スピードは圧倒的!

断食のダイエット効果について表した写真
断食をすると脂肪をかなり効率的に燃やすことができます!

 

なぜなら、ファスティング中は必要最低限の栄養素を補うだけなので、自分の体に蓄えてた脂肪をどんどん燃やしてくれるからです。

 

脂肪は食事でとっているエネルギーを使い切ってからしか、使われることはありません。

 

食事をしながらのダイエットや減量は、断食に比べると脂肪燃焼の効率が悪い、ということになります!

 

逆に断食はドンドン自分の脂肪を使って活動エネルギーに回していくので、ダイエット効果や減量効果が高くなるというわけです。

3日間の断食より1週間の断食

また、断食を活用してダイエットしたい!と思っている人は「何日間すればいいの?」と疑問に思っているのではないでしょうか??

ファスティングは1日よりも連続で3日やってみると良い理由」でも話しているように、断食の効果は、断食を半日や1日だけでなく、継続して3日や1週間行なうことで効果が高まります!

 

以前、僕のお客様にボートレーサーの方がいました。

ボートレースする人やボクサーの方って「体重制限」があったりするので、体重の管理がメチャクチャ大事なんですよね。

 

 

ボクサーやボートレーサーの方は減量期の段階で「何も食べない、飲まない」などの方法を使って減量されるのですが、やっぱりその状態でいい練習はまずできないですよね…

 

ただでさえ、ものすごい消費量の運動をするのに、エネルギーが何もないのでフラフラになります。

 

しかし、試しに減量期にボートレーサーの方に、1週間ミネラルファスティングをしてもらったところ、通常の減量期に比べて非常に楽に減量できた!と喜びの声を頂きました(^^)

 

減量中の間も、かなり激しい練習もこなすことができたようで、いいパフォーマンスを維持した状態で本番の試合に望むことができました。

 

何か競技上、減量が必要なスポーツなどの場合でも、正しくミネラルファスティングをすることで減量中であっても練習できますし、規定体重まで持っていくことが可能になります!

 

断食でダイエット効果や減量をしたいのであれば、1週間ほどのロングファスティングオススメです。

断食を使った減量のやり方

断食のやり方について

ファスティングをして脂肪を落としたいのであれば、やり方がとても重要です!

ダイエット、デトックスに効果的な断食であっても「準備食」を怠ると思ったような効果を得ることが難しいです。

準備食について

準備食に関してはマゴワヤサシイを食べましょう!

ファスティングダイエット 準備食 

普段の生活の中に海藻類など不足している人が多いので、昆布やひじきなどを積極的に摂ることもオススメです!

 

また準備食の詳細については「経験者が語るファスティングダイエットを成功させる方法【保存版】」でも詳しく書いていますので参考にされて下さい!

回復食

そして、最も重要なのは回復食です。

回復食はファスティングにとって非常に重要なものです!

回復食は基本的におもゆやお粥を使った方法がポピュラーかと思いますが、目的がダイエットや減量であれば、ファスティング明けのリバウンドの元にもなってしまいます。

復食 おかゆ ファスティング 断食
注意
断食が終わって糖質を補給すると、力が湧き出てきます!非常に重要な栄養素ですが、摂り方や摂取量に気をつける必要ありますね!

 

回復食については以下の記事を参考にすると良いかと思います!

 

ヨーグルト断食には注意しよう

ヨーグルト断食について
ここまで紹介してきたように、断食の減量効果はスゴイものがあります。

 

しかし巷では「ヨーグルト断食」なるものが流行っていると聞いたことがあります。

 

ヨーグルトは低カロリー、低脂質なのでカロリーカット、タンパク質の摂取に繋がり、減量効果が期待できるというもの。

 

もちろん、ダイエットの方法は様々なので、そういう方法もあっていいと思います。

しかし覚えておいてほしいのは「ヨーグルトでは本当の断食はできない」ということ。

 

ヨーグルトは動物性タンパク質や脂質の塊です。

断食の狙いは「消化に負担の掛からない状態にしてあげて、胃腸に休息を与えること」

takumi
ヨーグルトは消化に負担をかける為、僕がブログに書いている断食の効果や、減量効果は思ったように得られないかと思います。

また回復食でヨーグルトを使いたいと言う場合でも「断食の回復食でヨーグルトを使ってはいけない4つの理由」で書いたように、ヨーグルトは回復食に不向きかと思います。

 

やるやらないは自由ですが、個人的にはヨーグルトを活用した断食はあまりオススメできません。

ファスティングにおける減量効果を高めるには?

断食の効果を高める方法

いかがだったでしょうか??

ファスティングは一番はじめにお伝えしたように「デトックス」や「血液のお掃除」が目的ではありますが、オマケとして減量効果抜群の方法でもあります。

 

断食の減量効果を高めるには「準備食」や「回復食」も大切ですが、何よりも「その人にとって適切なドリンク量の摂取や、栄養補給が出来ているか」ということが鍵になります。

 

例えば、あなたが酵素ドリンクを通販で買ったとして書いている数量をしっかり守って断食したとしましょう。

 

それで結果が出て、かつデトックスにも無事にできたのなら大成功ですが、皆がみんな、断食をしたからと言って、うまく減量やダイエットが出来ない場合があります。

 

人それぞれ、栄養摂取の状態や、それまで積み上げてきた栄養状態、病気の有無、脂肪の量など違うので、結果が出ないことも十分考えれます。

 

やっぱり「その人にとってどうなのか??」

 

この部分を僕は大切にして断食指導をさせていただいています。

 

断食の効果をしっかり出したい人はファスティングサポートを受けることをおすすめしています。

ファスティングサポートはこちら

サポートを活用することで、ファスティングを安全に行うことが出来るのもメリットです!

まとめ

断食は正しいやり方とサポートによって最大限に効果を高めることが出来ます!

 

そうは言っても、断食は辛そう、きつそう、、、とイメージがあるかと思いますが「10回断食やって感じたこと。断食は思ったより楽だった!」でも書いているように、意外と楽に出来てしまうものです(^^)

 

楽しく、楽に、そして健康的に減量、ダイエットができる断食を生活の中に取り入れてみるのはいかがでしょうか??

・断食は減量やダイエットに効果的
・ボクサーなどのアスリートの減量期にも断食は有効
・ダイエット効果を高めたいなら準備食、回復食を正しく行なう
・サポートがあるとさらに効果が高まる!

 

 




LINE@で最新情報をお届けします!

LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。