人間は3日間食べないとどうなる?その質問に断食の専門家が回答します

こんにちは!分子栄養学の専門家・城本 拓実です

断食を指導していると、

お客様
3日食べないとどうなるんですか?

と言う質問をいただきます。

 

3日食べないと死ぬんじゃないか?と思ってる人も多いみたいですね。

結論言うと、3日食べなくても死にません(笑)

3日間程度なら普通に大半の人が生き延びることができます。

 

お客様
じゃあ3日間食べないと、どうなっちゃうの?

ということですが、3日間食べないと言う事は、ホルモンが活性化するなどいい効果もありますが、筋肉が減少したり体に必要な要素が入ってこないと言うことで精神的によろしくないこともあります。

 

ダイエット目的だと、ついつい三日間ぐらい食べなくても…と思ってしまう人もいると思いますが、その場合断食のやり方がめちゃくちゃ重要です。

 

三日間くらい…とは思わず、まずしっかり知識を入れてから実践するにしましょう。

3日間食べないこと、これを本断食と言う

3日間何も食べないことこれを本断食といいます。

本断食をすることで、分ダイエット効果や美容効果、若返り効果など様々な効果が得られると言われています。

あわせて読みたい関連記事👉「僕が実践して感じた断食3日間の効果をまとめとく【断食の効果12選】

 

最近では断食の研究もドンドン進んでいて、いろんな論文が出てきています。

 

「断食をすると脳が若返る」とも言われているので、かなり興味がある人が多いのではないでしょうか?

takumi
僕も実際に最長14日間の断食を経験していますが、肌がツルツルになるし体も引き締まって短期間でかなり面白い効果を終えることができると感じました!

断食14日間で激変!【画像あり】僕のファスティング体験談

2016.06.25

断食中は必ず栄養摂取が必要

本断食中は、固形物を口にしないため栄養の摂取が鍵です。

ダイエットにしても、ここは栄養を必ず摂る必要が必ずあります。

 

補足

この期間中何も取らないことによって、体が異常事態だと感知し自分の脂肪や筋肉を削り出してエネルギーを作り出そうとします。

これによって人間は何も食べずに生活することが確かに可能なわけですが、脂肪をエネルギーにする際にはもちろん栄養が必要なわけで、この栄養素がない状態だと筋肉ばかりが削り取られてしまうそんなことになりかねません。

 

だからこそ本断食中の栄養補給はめちゃくちゃ重要

 

ダイエット目的の人に考えて欲しいんですが、あなたが断食したい理由って「見た目を変えるため」ですよね?

 

気になるお腹周りの脂肪を落としたり二の腕の脂肪を落としたり、いらない部分を削りたいと思って断食したいと思ってるのではないでしょうか?

 

でもやり方間違えちゃと必要な分ばかり削られてしまうのでほんとにここは注意が必要!

 

3日間で素晴らしい効果が得られる反面、3日間食べないことのリスクもしっかりと頭に入れておきましょう。

ファスティングやるなら抑えておくべき断食の5つのリスク

2017.06.08

3日間食べないことで起こること

好転反応が出る

これは三日間食べないうちの2日目あたりに出やすい症状ですが、好転反応と言うものがあります。

takumi

薬による副作用とは違いますよ?

好転反応です笑

これは解毒の際に起こると言われています。

三日間食べないことで体は不要なものを解毒をして外に出そうとする働きがありますが、この際に不調が起こると言われていて、それを好転反応といいます。

 

takumi

これは人によって体の差がありますが、出る人がめちゃくちゃ出ます

逆にでない人は全く出ません。

それぐらい人によって雲泥の差があるのが好転反応。

 

3日程度の断食を行って数日間何も食べなければ、ほぼ確実に体に変化が起こります。

 

断食【ファスティング】の好転反応7選とその対処方法

2017.02.07

自分の体を削ってエネルギーを作る

3日間食べないと食べ物から活動エネルギーが得られないため、自分自身でエネルギーを作り出す必要があります。

実は人間は自分の体を削ってエネルギーを作り出す「糖新生」という機能を持っているので、仮に3日間食べなかったとしても生き延びることができます。

 

takumi
糖新生によって脂肪や筋肉を分解して、エネルギーを作りだすから、3日間以上食べないことによって体のサイズは確実にダウンします

 

つまり、3日間食べないことで、ほぼ確実に体のサイズが小さくなる=痩せるということ。

 

だから断食はダイエット方法としても人気が高く、やってみたい!という人も多いんですよ。

 

通常ではありえないくらいのスピードで脂肪燃焼をガンガン行っていくので、みるみる細くなっていきます。

断食の効果で見た目はどのくらい変わるのか検証してみた【画像あり】

2017.10.14

 

ただ、注意しなければいけないところは、アミノ酸やブドウ糖を摂取しないファスティングは、筋分解がより促進され筋肉減少につながることもあります。

 

筋トレを入れたり、筋肉が残りやすい栄養素を補給しながら断食行うことが、筋肉の減少を抑え、脂肪を燃やすコツです!

筋肉をつける食事法を大公開!筋肉は食事で効率よくつけよう。

2018.02.17

脳がスッキリさえる

食べないことで得られる効果の一つとして、脳がスッキリして集中力が高まることがあります。

食べてないのに…集中力が高まる…

 

めっちゃ不思議ですよね(笑)

 

でもこれは、ホルモンが活性化していることだったり、消化する必要がない分、体の機能性を高めることができているから!

 

takumi

僕も3日間食べないときは、3日目くらいから頭がさえわたります!

これが病みつきになって断食が趣味になる…って人がめっちゃ多いんですよね(笑)

僕もそのうちの一人です!

寿命が延びるサーチューイン遺伝子がオン

食べないことによる恩恵はまだまだありますが、とくにその中でもすごいのが、「長寿遺伝子であるサーチューイン遺伝子」がオンになること!

これはやばいです(笑)

 

長寿遺伝子ですよ?つまり食べないことによって寿命に関する遺伝子が活性化するってこと。

 

食べてないと人は衰退していくイメージが強いと思いますが、サーチューイン遺伝子の視点でいうと逆に寿命は延びる可能性があります

 

takumi
僕はまだ寿命が延びたかは実感できてないですが、今後の寿命に期待です(笑)

 

3日間食べないといろいろ得られる。知ってるだけじゃなくやってみよう

3日間食べないとホントにいろんな効果と体験が一変にできます。

3日間でカラダも変わるし心も変わる、本当に断食はおもしろい手法だと思っています。

 

もちろん、筋肉を付けたい、とか目的によっては断食が合わないこともあるけど、もしあなたの目的に断食がマッチングしているなら、是非3日間の断食をやってみることを全力でおすすめします。

 

断食は正しい方法で実践すると、辛さも感じず、効果が高まります。

実践したい方はやり方を守ってくださいね。

 

初心者が断食のやり方で迷わないための全8STEPまとめ【保存版】

2017.11.17




ABOUTこの記事をかいた人

栄養指導・断食指導者やパーソナルトレーナー、Web事業を行い個人事業主として活動中。 「自然に・気取らず」をテーマとしたNaturally Life【ナチュラリーライフ】な生活を目指しています。